一人暮らし女子必見!空き巣被害に遭わないための防犯対策

一人暮らしで怖いのが、やっぱり空き巣などの犯罪ですよね。

特に女性の一人暮らしの場合は、「実際に被害に遭った時、どうすれば良いのかな」と不安になってしまうことも多いはずです。

犯罪はいつ起こるかわかりませんし、必ず防犯が甘いところで発生します!

 

そこで、今回は空き巣被害に遭わないための防犯対策を紹介します。

この方法を実践するだけで、空き巣に遭う確率はかなり下がると考えられます。

実際はなかなか発生しないと思われている空き巣ですが、実は世間で何百何千という数の被害が出ています。

 

ただニュースにならないため、あまり危機感が持てないのです。

しっかり危機感を持って、いざという時に対処できるようにしましょうね!

 

■人の気配を常に感じさせること

犯罪をする人というのは、とても臆病です。

特に空き巣などをする人は、こそこそと犯罪を実行していく傾向にあります。

そのため、人の気配を感じるとすぐに逃げていくのです。

つまり、防犯で重要なのは人の気配を感じさせることがかなり有効です。

 

人通りの少ない住宅地で空き巣や泥棒が多いのは、そういった心理が働くためです。

基本的に人が常にいるようなところでは、空き巣や泥棒も少ないですよね!

しかし、一人暮らしはどうしても家を空ける時があります。

 

そういった場合は、部屋の照明を付けて、極力人がいることを察知させましょう。

夜に犯罪する人が多いのは、暗闇に身を投じられるためです。

照明を付けておけば、少なくとも被害に遭う確率は下げられます!

 

■施錠や鍵をしっかりと行うこと

泥棒や空き巣は、3分以上時間のかかる鍵の場合、現場を離れることが多いです。

つまり、しっかり施錠や鍵をしておけば、犯罪者が自ら諦めてくれるということになります。

 

マンションやアパートとなると、まずは玄関やロビーで第一関門が待っていますよね。

近年は住人しかしらない暗証番号やキーがないと入れないところも多いです。

それと、部屋の施錠をしておけば、まずもってすんなり入られることはありません。

 

鍵をかけ忘れるという方は、外出する時にしっかりと確認しましょうね。

 

■監視カメラを意識させること

近年のマンションやアパートには監視カメラが用意されています。

これは犯罪回避にとって、最も効果的と言っても良いものです。

空き巣の犯人にとって、何が一番怖いかというと顔を見られてしまうことです。

 

人気が無くても、カメラがあることによって「誰かに見られているのではないか」という心理が働きます。

これによって、犯罪の確率はぐっと下がりますね。

基本的にカメラについては管理会社が設置してくれているので、それを犯人に知ってもらうことが必要となります。

 

基本的にはロビーや廊下、エレベーターなどに設置されているので、それだけでも犯罪回避に繋がっているでしょう。

 

 

女性の一人暮らしには、何かと心配なことが多くなります。

空き巣などは犯罪者も軽く手を染めることから、被害件数も多いです。

しかし、これらの犯罪に関しては、事前に回避することもできるものなのです。

しっかりと防犯対策を行って、安心した生活を送るようにしましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です