怒りっぽくなる?落ち込む?生理前の上手な過ごし方

女性にとって毎月欠かせない生理のタイミング。生理前後はホルモンの状態も変わってしまい、自分で感情をコントロールしずらくなることもあり、憂鬱な気分で過ごす人も多いのではないでしょうか。毎月起きるそのタイミングを上手に過ごせるといいですよね。

 2   

*イライラしたり悲しくなったり感情のアップダウンが起きる

1

生理前にイライラしたり悲しくなるのはホルモンの関係と言われており、女性の8割以上が経験しているそうです。8割と言ったらほとんどですよね。最近はその症状も認知されてきてPMSと呼ばれるようになり、専用の薬も販売されるなど理解は広まってきています。また低用量ピルを服用することで避けることも可能ですよね。でも、コントロールしようと思ってもなかなか難しいし、男性からの理解はなかなか得られにくい症状です。この時期に彼と喧嘩が増えるという人も多いのでは?彼であればある程度伝えておくことでトラブルを避けることも可能ですよね。

 

*自分でできる対策

3

自分でできることはまず何より自分をリラックス状態に持っていくことです。生理前でも普段通りに生活しなければなりませんが、自分が嫌だなと思うことは避けましょう。また人と関わることでイライラしてしまうのなら、その間は一人でゆっくり過ごせるといいですよね。また、自分が生理前にイライラしやすいということを自覚しておくのとしないのでは全く違います。自分の生理周期を管理して、「そろそろイライラしやすくなるけれど、これは生理のせいだ」と理解しておけば、なんだかわからないイライラに振り回されることもありません。

生理前は食欲が増えてしまう人もいると思います。「太るのが嫌だ」とあまり自分に我慢させすぎずに好きなものを食べましょう。生理が始まれば痩せやすい体になっていきます。甘いものや温かい飲み物もお勧めです。

 

*ピルやPMSの薬を服用する

4

できるだけいい気分で過ごそうと試みても、なかなかうまくいかず余計イライラしたり落ち込んだりという人もいるでしょう。そういう場合は薬に頼ると大幅に改善されます。低用量ピルは婦人科に行かないと処方してもらえませんが、PMS専用の薬はドラッグストアで購入が可能です。また薬は嫌だなと感じる人には漢方がお勧めです。症状によってどの漢方がいいかは変わってきますが、当帰芍薬散や桃核承気湯など様々な漢方がPMSに効果があると言われています。ドラッグストアなどで薬剤師さんに相談してみるとよいでしょう。

5

私たちにとって避けられないものだからこそ、生理前の時期と上手に付き合えるようになる必要がありますよね。生理前のイライラは自分で抑えたくてもふとしたきっかけで顔を出してしまう厄介なものではありますが、付き合い方を知っていれば大丈夫です。まずは自分で対策を取ってみて、それでも効果が見られないのなら病院やドラッグストアで相談してみましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です