文字にすると叶う!?あなたの願望を叶えるために

あなたには叶えたい願いがありますか?そのために何かしているでしょうか?もちろん行動することもとても大切ですが、その願いどこかに書いてみましょう。きっと自分でも驚くようなことが起きるはず。

4

*文字にして書くことの効果

3

なんとなく考えているより文字にして視覚で自分の夢を見ることで脳にはしっかりと自分の願望が刻まれます。よりその効果を得るにはノートに書き、寝る前に声に出して読むのもいいと言われています。受験生などが“○○合格”と壁に貼っているのも昔から見る光景ですが、見えるところに貼って毎日見ていることでそれが現実に本当に起きてしまうのです。

筆者が中学生のころに友達と手紙交換をしていました。その頃、その友人も私も「いつか海外に言って英語がペラペラになる」と言った目標から始まり、そこから夢を毎日のように手紙に書いていました。その手紙は取ってあるのですが、今彼女は海外で夢を見つけ英語がペラペラになる以上の夢を実現しています。また、一年の始めに目標を紙に書き出している友人もいます。12月になると見返すそうですが、びっくりすることにほとんどの目標が達成されているか、達成が見えるところまで進んでいると言います。

 

*大切なのは“意識”すること

2

紙に書いているときも、書いたノートや壁に貼った紙を見ているときも、その目標や夢に一度フォーカスしますよね。それだけ集中して意識することは自分の中で深い記憶となり、常にその目標や夢に向かった選択ができるようになります。文字に書き出したり、声に出すということはアウトプットなので、自分の意識にしっかり根付くのです。

強く願って手放すと夢はかなうとも言われていますが、手放すというのは忘れるということではありません。ノートや壁に貼って毎日のように見ていたとしても、どうやってその夢や目標を叶えるかは流れやタイミングに任せるということが手放すという意味です。あなたは夢や目標を意識してフォーカスしたら、あとはそれが達成されることを思い描きながら過ごしましょう。

 

*見返すことの大切さ

1

私たちは毎日生活していると感じることも変わってくるのが当然です。そのため夢や目標も依然抱いていたものが今の自分に合わなくなることもよくあります。そのため先に紹介した「12月に目標を見返す」という彼女もそうですが、見返すことはとても大切になってきます。一定の期間で振り返り、達成できたことに関してはまず自分を思いっきり褒めてあげましょう。自分にご褒美をあげるのもいいですね。そして、達成できてないことに関しては「それが本当に自分が望んでいることなのか」ということを今一度考えてみましょう。今の自分にはもう必要のない目標だと思えば、もう一度設定しなおし、この先も叶えたいことであれば、「まだタイミングが来ていないんだな」と思って意識に刻み直し、もう一度流れに任せてみましょう。

5

文字にすること、声に出すこと、何度もそれを見ることはあなたの意識にあなたの目標や夢を深く刻んでくれます。半信半疑でも一度紙に書き出してみましょう。少し時間が経てばその効果に驚くと思いますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です