なんにでも使える!アウトプットの大切さ

例えば新しく何かを学んだとしてその時は「うんうん」と納得するのだけれど、少し経つと忘れてしまっているなんてことはありませんか?私たちは覚えることもできるけれど、忘れてしまう生き物でもあります。そんな時に“アウトプットすること”を覚えておけば、学んだことも自分のものとして確実に覚えておくことができますよ。

5

*何かを学ぼうとするとインプットに時間を割いてしまうのなら

2

新しく何かを知るときは、どちらかというと本を読んだりネットで知識を得ようとしたりとインプットの時間を多くとってしまいがちです。もちろん学ぶからにはインプットしないことには始まらないのですが、いくらインプットしたからといってアウトプットしないことには自分のものとして定着しません。

料理を作るとき、まだ作ったことがないものであればレシピを見たりしますよね。でも、レシピをどれだけ入念に見たからと言って、料理が作れるかどうかは別の話だと思います。まずは試行錯誤しつつ、作ってみる。これがアウトプットです。また一度作ってみて要領を得たら、誰かに教えながら作ってみるとさらに理解が深まることに気づくと思います。アウトプットはそれを自分の物にするには欠かせないものなのです。

 

*うまくいく人はアウトプットに時間を割いている

1

なんでもみんな最初は初心者でわからないことだらけ…という状態からスタートしています。でもその中からエキスパートと言われる人が出てきますよね。それらの人は必ずアウトプットに時間を割いています。多少の失敗があったとしてもアウトプットすることで自分の物にできるからです。その反対にインプットにばかり時間を割いてしまうと実践ができない“あたまでっかち”な人になってしまいがち。

 

*アウトプットすると今何が足りないのかわかる

3

何かの知識を覚えてそれをアウトプットします。披露する人がいないのであれば、自分ひとりで構いません。ノートに書いてみるのもアウトプットの一つの方法です。自分の記憶を頼りにアウトプットしてみると、きちんと定着しているところとそうでないところが見えてくると思います。定着していないところが見えれば、今度はそこを重点的に学びなおせばいいですよね。アウトプットすると最短で目標が見え、効率的に行動することができるのです。

 

*学びやビジネスだけに限らない

1

料理もそうですが、アウトプットは日常のいろんな場面に使うことができます。例えば恋愛コラムをいくら読んでも、それが本当に自分にとって使えるテクニックなのかはわからないでしょう。また今人気の啓発本などもそうですが、読むだけではすぐ忘れてまた同じことを繰り返してしまう…という人も多いでしょう。行動に移したり、声に出すことにためらいがあるのなら、まず書き出すことで本当の理解にもつながります。

 

何においても成功している人にアウトプットは欠かせません。せっかくインプットに時間を取って、よりよい自分になろうとしているのなら必ずアウトプットも行ってステップアップした自分を目指してみましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です