make loveに基礎体力?!

恋愛、とりわけ、性愛には基礎体力が要るんです。嘘だろ?と思いますが、思い返してみてください。スポーツの記録更新、楽器の演奏のように。愛があれば、SEXも上手い。それは幾分思い込みでしょう。

 

1上手いmake loveのためには

モノに愛情を注ぐ、慈しむのが上手でなければ、動物の交尾のようなSEXになってしまい、パートナー双方が満足しないんです。人間らしいSEXって、気持ち良くなって、魂が別の次元に開発されてしまうんです。

そのためには、相手に応じた感性のバリエーションが大切になってきます。コスプレやプレイなど、セクシャルな妄想が働くほどに、余計エロくなれて、SEXが気持ちよくなります。気持ちいいSEXのために感度を上げていくテクニックを披露します。

 

2まずは三度の食事から

一番やり易いのは、同じ三大欲求の一つ、食欲を利用するんです。食べるのは、だいたい誰でも好きですね。ただ、味わって食べている人は、意外と少ないかも?恐ろしく早食いだったり、テレビやスマホを見ながらの、ながら食いだったり。早食いの人で、掻き込む人に多いのですが、変な音を立てて、食事を一緒にしたくありません。

また、見ていて、こんな味わって食べないのなら、SEXを味わうのも、さぞかしヘタクソだろうなーと、幻滅。「お持ち帰り」を匂わされましたが、速攻帰りましたね。あるいは、すき焼き味覚しか受け付けない男性も、まずいでしょう。

甘辛い味付けのみを好み、微妙な出汁や、ハーブ、スパイス類、素材の味がわからぬ人も、男女問わずSEXも大味です。あなたが、そうだって?早食いなら、じっくり食事を味わってみましょう。ダイエット食のように、一口30 回噛まなくてもいいですが。微妙な出汁や、ハーブ、スパイス類、素材の味がわからないのであれば、インターネットでレシピを検索し、できるだけ簡単なモノを作ってみます。

たとえば、バジルとチーズ、トマトだけのマルゲリータピザとか。メニューも重要です。みんなでつつきあう、鍋や鉄板焼きより、個別に取り分けてあって、量が制限されているのにしましょう。食べる量を区切られ、味わえるからです。それも出来れば、量の少ない320kcal弁当や糖尿病食弁当がオススメ。

ここまですれば、貴重な食事を、味わって食べようとしますよ。物事を味わう能力もついて、ダイエットにもなって、一石二鳥です。その根拠は?食も異性の体も、味わうという行為がいっしょだから。

 

3趣味で性的な能力開発

学習心理学に、並列効果、というのがあります。一つの学習に習熟すると、その能力が、他の分野でも役立つのです。ピアノがうまい人は、勉強もできます。私は高校までは偉いとこでしたが、女子は、ほとんどピアノをやってました。

また、同じピアノ教室の子も、いい高校に行った子が多かったです。インテリ芸人の宇治原は、ロケで触った経験の無い楽器をやらされてました。初めての楽器なのに、マスターが早かったですよ。

また、娘が料理人と結婚した、芸人の師匠は、「手先が器用だから、夜はスゴイ。」と、いじられていましたね。皆さんご存知なのですよ。何かを習熟するのが、SEXがいかに上手くなるか?に関係するのか。だから、無趣味と思ったら、絵画でもお習字でも、彫刻でも始めましょう。性的な能力開発の為にするのはおかしい気がしますが、背に腹は代えられません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です