30分間頑張るだけでOK!サーキットトレーニングで全身の筋力をアップさせよう!

運動は、毎日コツコツ頑張ることが大事ですよね。筋トレや有酸素運動など、運動にも種類がいくつかありますが、筋トレと有酸素運動は同時におこなうのがおすすめ!脂肪が燃えやすいので、ダイエットのために運動を頑張っている人は、同時におこなえば結果が出やすいですよ。

 

筋トレと有酸素運動を組みわせた運動を、サーキットトレーニングと呼んでいます。今回は、サーキットトレーニングの方法や気を付けることなど、ご紹介していきます。

 

・サーキットトレーニングとは?

 

サーキットトレーニングというトレーニング法は、30分で休憩なく体を動かします。30分ずっとなんてきついのでは…と思うかもしれませんが、運動はある程度きついと感じないと、脂肪が燃えてくれません。同じ運動を30分継続するわけではなく、何種類かの運動を組みわせて、繰り返しおこないます。

 

リズムに乗って次々と違う運動をするので、30分があっという間。気づいたら30分経っていた…という人も多く、意外と続けやすいトレーニング法なんです。

 

・全身の筋肉をたっぷり使える

 

同じ運動を長時間続けるだけだと、使われる筋肉は同じですよね。そうなると、一部の筋肉だけが発達してしまい、それ以外の筋肉が使われないので、バランス悪く筋肉がついてしまいます。

 

サーキットトレーニングなら、次々と運動が変わるので、全身に筋肉をバランスよく使うことができるので、偏ったトレーニングにならないと思います。鍛えたい部分があるときは、同じ運動を継続してもいいのですが…まずは全身の筋肉をバランスよく鍛えてから、鍛えたい筋肉だけに負荷をかける運動を取り入れましょう。

 

・毎日やらなくてもいい?サーキットトレーニングの頻度

 

サーキットトレーニングは、30分だけ頑張ればいいトレーニングです。でも、30分を毎日続けていると、筋肉が疲れた状態のままで頑張りすぎてしまいます。筋肉は回復させることがとっても大事!回復させないままで運動し続けると、筋肉が壊れてしまいます。

 

サーキットトレーニングは、1日やったら1日休む、というぐらいがベスト。少しずつ筋肉が強くなっていくので、筋肉をつけるために効率がいいサイクルなんです。

 

逆に休みすぎると、せっかく鍛えた筋肉がまた元に戻ってしまうので、サボりすぎず、頑張りすぎず続けましょう!

 

・自宅でもジムでもOK、好きな運動で頑張ろう

 

サーキットトレーニングは、特別な器具が必要ありません。実は自宅でも簡単にできます。筋トレと有酸素運動を取り入れて行うだけです。

 

でも、どれが筋トレでどれが有酸素運動なのか…区別がしにくいですよね。また、自宅で頑張ると決めても、自分に甘くサボってしまいやすい…という人も多いです。そういう人は、サーキットトレーニング専門のジムなどに通って、プロの力を借りましょう。

 

サーキットトレーニングは、それほど特別な運動ではありません。運動のやり方を変えるだけで、効率よくダイエットもでき、全身の筋肉を鍛えることができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です