30代女性で結婚できないのは自分のせい!

結婚することができない30代女性は多いです。
ではどうして結婚することができないのかを解説しています。
30代になって結婚することができない女性にはいくつか特徴があるものです。
では、結婚できない30代女性の特徴をご紹介しますので、該当していないかをチェックしてみましょう。

 

 
・昔モテモテだった

 
若いころにはモテモテだった女性というのは、恋愛経験が豊富です。

 
そのため、周囲は早く結婚するだろうと思っているものですが、実はこのようなモテたという経験が原因となって結婚できなくなってしまうのです。

というのも、モテる女性というのは、モテなかった女性と比較をすると高望みをする傾向にあります。
結婚をするとなると普通の恋愛とは異なります。

 
責任ももちろんのしかかりますし、金銭的なこと、交際的なことも制限が出るようになります。

そういったことからも、結婚相手に対して高望みをしてしまうわけです。

 
しかし、そんな高望みの結果、気づいた時にはすでに男性から声をかけてもらうことすらできなくなってしまった、という状態になるのです。

本当は結婚したいけど、モテモテの自分が妥協なんてする必要はない!
そのように考えてしまっていては結婚はまだまだ遠いでしょう。

実はこういった自信満々な考え方、相手を選びすぎている思考というのは男性には簡単に読み取られてしまいます。
自分はモテるのだから優しくされても当然、追われる恋愛が当然という態度は男性を遠ざけます。

これではモテる30代には当然なれません。

 
やはり重要なことは自分自身がモテていたという過去の栄光を引きずらず、30代になって男性に相手にもされていないことを自覚することです。

自覚すれば考え方が変わり、考え方が変われば男性からの反応も変わるはずです。

 
以前よりも言動が優しく、男性に好印象を抱かれるようになるでしょう。
そうなれば男性への思いやりを持つこともできるようになるはずです。

 

 
・こんな理想は捨て去るべき

 
先ほども申し上げたように、過去にモテた女性、自分に自信のある女性は考え方が少し強気です。
顔や容姿はもちろん、その男性の家庭環境、兄弟の有無や年収など様々なポイントをチェックするというのは確かに重要なことです。

しかし、そのようなポイントを重要視したがゆえに今の状態に陥ってしまっている、ということを忘れてはなりません。

 
30代の女性で、年下の男性にモテたい!そのように思っているのであれば尚更です。

年下の男性というのは、やはり年上女性に対して大人で、お姉さん的な存在になってほしいと思っています。

 
にも関わらず、わがままで傲慢、負けん気の強い意地っ張りというのはあまりにも印象が悪くなってしまいますよね。

年下の男性が望むのは、自分のわがままを多少は受け入れてくれて、精神的な支えになってくれる人です。

 
30代にもなっていつまでも男性に支えて欲しい、男性は自分よりも精神的に成熟していて経済的な面においても優れていて欲しいなんて考えていてはいけません。

自分が積極的に男性を引っ張ってあげたい!
姉さん女房になってあげたい!

 
そのような積極的な献身的な姿勢を見せることができれば、やはり年下男性にはかなりモテるはずです。

30代になって男性に相手にしてもらえないのにはそれなりの理由があるということをしっかりと自覚してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です