30代の日焼け止め選び!間違うとシミシワおばさんに!?

紫外線対策は美しい女性の条件である美白を手に入れるうえで欠かせません。
この紫外線対策のポイントについてご紹介しています。

日焼け止めの選び方というのは非常に重要なことなのですが、この選び方を間違ってしまうとシミやシワの原因になってしまいます。
シミの大敵である紫外線ですが、この紫外線からお肌を守るために多くの方が日焼け止めを使用していると思います。

ただし、日焼け止めといのは正しい選び方と使い方をしなければ美しいお肌を維持することができません。
30代なのにシミやシワが多い…
そんなことになってしまかもしれません。

 

 
・上手な日焼け止め選び

 
日焼けによってシミやシワができるというのはよく知られていることだと思います。
にも関わらず紫外線対策を特に行っていない、という方は意外にも多いのです。
紫外線を浴び続けていると年齡を重ねてからお肌に様々なダメージが現れるようになってしまいます。

今はシミがないから大丈夫!
そのように安心をしているとお肌が大変な事になってしまうことがあるんですよ。
シミは突然現れますので、そこで慌ててももう遅いのです。

最近では非常に多くの種類の日焼け止めが販売されています。
ジェルタイプやクリームタイプにスプレータイプなどがあります。
しかし、使い勝手の良さやデザイン、香りなどばかりを意識して選んでいると、十分に日焼け対策をすることができない可能性が高くなります。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めなどの場合にはお肌が白くならないので人気がありますが、お肌に負担がかかってしまいます。
紫外線吸収剤は成分が紫外線を吸収して、熱エネルギーに変換するもので、お肌が弱い人には向いていません。

敏感肌の方は紫外線散乱剤を使用した紫外線を吸収しないタイプを使用するのがおすすめです。
日焼け止めを使用してお肌に負担をかけてボロボロになってしまっては意味がありませんからね。

 

 
・SPFとPA数値はどう選ぶべき?

 
SPFとPAというのは日焼け止めクリームのパッケージにも記載されています。
これはサンプロテクションファクターというもので、紫外線防御指数と呼ばれます。

紫外線を浴びてからお肌に斑点が出るまでの時間をどのくらい伸ばすことができるのか、というものです。
例えばSPF30の場合です。
SPF30は紫外線を浴びて赤い斑点が出るまでに、日焼け止めを使用していない時の30倍にまで時間を伸ばすことができます。

PAはプロテクションフレイドオブUVAで、皮膚の黒ずみを防ぐことができます。
+の数で段階理由されています。

このSPF値やPA値は値が高ければそれだけ紫外線をカットする効果も高いと思われている方も多いでしょう。
しかし、同時にお肌に負担がかかることを忘れてはなりません。
そのため、紫外線が特に強い時には数値の高いものを、紫外線の弱い時には数値の小さいものを使い分けるようにしましょう。

また、日焼け止めを塗るのであれば、一度に大量の日焼け止めを塗るのではなくて、少量を何度も塗り重ねるようにするとむらなく紫外線対策をすることができます。
30代になると紫外線による影響というのは特に強く受けやすくなります。
これまでに紫外線対策が甘かったのであればこれからはしっかりと紫外線対策を行いましょう。

30代なのにシミやシワが多い…というのはモテる女性とはいえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です