30代のスキンケアでニキビから卒業するには

30代になってもニキビできやすいのはどうしてなのでしょうか。
30代には30代のニキビケアが重要!
ニキビが出来るとどうしてもニキビ跡が残ってしまいます。
その結果、見た目が汚くなってしまいます。

 
ニキビ跡があるだけでも男の人からはモテなくなってしまうかもしれません。

このニキビ対策の1つとして重要なことは、まずはどうしてニキビができているのかということを知ることです。

 
ニキビは必ずしもお肌が健康的ではない、ということだけが原因となているわけではありません。

実は内臓の調子が悪くなっている場合にもニキビができてしまうことがあります。

 
日頃のストレスが原因となって体の調子が悪い、という時にもお肌に色々な異変が出るようになるといわれています。

お肌は健康の状態を把握するうえでも重要なものさしになります。

さらにホルモンのバランスが正常ではない場合、ニキビができやすくなってしまいます。
このホルモンバランスをアンバランスな状態にしてしまう、ということや普段の栄養摂取状態が身体に負担をかけてしまいます。

カロリーの高い脂の多い食生活を送っていたり、野菜の摂取量が少ない場合にはどうしても消化器官に負担をかけてしまいます。

 
そのため、やはりお肌の状態を良くするには、そのお肌をつくる材料である食事にも意識をするようにしましょう。

 

 
・顔を洗うのがニキビの原因になる?

 
顔を洗うというのはニキビを予防するうえで重要なポイントになる、ということもよく知られています。
しかし顔を洗うのはニキビを予防するうえでも欠かせませんが、過剰な洗顔や間違った顔の洗い方はニキビの原因になってしまいますので注意が必要です。

顔を洗う時に使用する洗剤というのは、お肌の汚れを除去するうえで欠かせません。
しかし、洗浄力の強すぎる顔を洗う洗剤を使用すると、お肌の脂を根こそぎ取り除いてしまいます。

お肌に必要のなる汚れや脂であればもちろんお肌のために除去すべきです。
しかし、お肌に最低限必要なだけの皮脂まで除去してしまうとお肌の乾燥の原因になります。

お肌というのは皮脂の働きによって肌の表面をコーティングしています。
そのため、顔を洗う洗剤によって皮脂を除去し過ぎるとこのコーティングがなくなってしまいます。
そうなれば毛穴に雑菌や汚れが侵入しやすくなってしまいます。

その結果、ニキビができやすくなります。
そこで、顔を洗う時に使用する洗剤で顔を洗うのであれば、顔を洗ってからの保湿を必ず欠かさないようにしましょう。

また、顔を洗う洗剤を使用した後のすすぎ残しもいけません。
洗浄成分が毛穴に残ったままの状態になってしまうと、毛穴の炎症の原因となります。
毛穴が炎症を起こすとニキビができてしまいます。

クレンジング剤や洗顔料をしっかりと洗い流していない可能性がある場合には、十分にすすぐことを意識してください。

 

 
・ニキビを潰すのは絶対にダメ!

 
20代のお肌であればニキビを傷つけたとしても、お肌の修復力が非常に高いのでニキビ跡になることもなく跡形もなくきれいになります。

 
しかし、30代ともなるとお肌が傷を修復する力そのものが低下してしまっています。

つまり、ニキビを潰してダメージを受けてしまうと、それがニキビ跡になります。
その結果お肌に穴が開いている状態になります。
ニキビができたからといって簡単に潰してしまってはいけません。

ニキビというのは普段の生活の中で簡単に発生してしまいますが、予防することもできます。

 
そしてニキビを治療する方法を十分に理解しておかないと酷いニキビ跡になってしまうことがありますので、ニキビができても絶対に潰してしまわないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です