鼻・口整形はプチ整形でなんとかできる?!

鼻が低いと、何だかのっぺりした、平たい顔という印象になって、ファッションが映えません。

また、お顔が大きく見えて、アンバランスになってしまいます。鼻筋が通ると、メイクが映えて、全体が垢ぬけます。ですので、隆鼻術は、整形と言えば鼻と言う位、人気です。

 

プチ整形の隆鼻術は、ヒアルロン酸などの注入になります。

鼻全体の形を整える/高くします。ただ、本格的な美容整形と違って、時間が経つと、注射した成分が吸収されるので、年1回とか、施術に通わないといけません。

ですので、やってみて効果が永続する本格的な美容整形を望むようになる人も。どちらかと言えば、自然に仕上がるI型プロテーゼが人気で、L型プロテーゼは、鼻が上を向きがちなため、最近は避ける傾向が出てきました。

また、鼻自体が大きくない場合、望む高さのプロテーゼを入れられなかったりはします。

 

口元のプチ整形は、ヒアルロン酸やアクアミド注入で、アゴを出して、相対的に口だけ目立たなくさせます。

案外多い、上下のアゴが出ている上下顎前突に適応されます。横顔のライン、いわゆるEラインと業界で呼ばれるモノが、キレイではないと、メイクやファッションが決まりません。

プチ整形では、芸能人でも、この処置を受けている人は実は多くるんです。口元が出てない割には、気を付けて見たら厚ぼったく見えたりするんです。笑ったり、カメラアングルが下からになると、目立ってしまったりはします。誰でも知ってそうな女優であっても。大きい手術は怖がる人が多いからでもあります。

手術は、怖いですよ。誰しも。しょうがないですね。鼻や口元のプチ整形での整形は、薬品の注入によるもので、時間が経てば吸収されてしまいます。ですから、半年から1年で、注入し直さないといけません。

 

口元が出ていないのに、笑うと歯茎が目立つ場合があります。いわゆる、ガミースマイルと呼ばれるもの。これは、上唇の裏を切開する処置で、目立たなく出来ます。口元が出る骨格でなければ、これで済みますよ。

 

しかし、口が閉じにくいとか、骨格性不正咬合の診断が下る重症な例では、骨格から治さないと、容貌だけでなく噛み合わせすら、マズいです。

この手術の際は、骨の形成+歯列矯正が要ります。具体的にはルフォー1といって、上下のアゴを後方に引っ込める、出血量も多い手術になります。

ただ、大がかりな手術の割には、口の中にしか傷が残らないと言うのが、ありがたいです。保険が利く場合があり、ダウンタイムはおよそ3ヶ月です。

 

大掛かりな手術は、技術の高い医師を探さなければなりません。本格的な骨切が出来たり、鼻をキレイに作られる医師は少ないのです。しかし、鼻と口は、一番容貌に関わるんですから、やっかいですよね。目の大きさや頬骨の出加減は、好みがありますが。方法としては、ソーシャルネットワーキングシステムや、ヤフーなどの、きちんとした掲示板で聞くといいでしょう。あまり品の良くない掲示板ですと、やらせや、自作自演があったりもしますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です