途中で絶対に挫折しない!頑張りたい人におすすめの、ジムに通うための心得

毎日の生活で体を動かす習慣を身に着けるのは、結構大変ですよね。エレベーターより階段がいいとわかっていながら、階段だと疲れるし…今日はヒールだし…急いでいるから、など、ついついエレベーターに乗ってしまっていませんか?そういう人には、運動するぞ!と気合を入れる必要がありますね。

 

やっぱり、おすすめなのは、ジム通いを頑張ること!ジムに行けば、もう運動しかやることはありません。でも、ジムって長続きしない…と思っている人が多いのも事実。今回は、ジム通いを頑張って継続する方法、心得をご紹介します。

 

・プログラムなどに参加する

 

ジムでは、多彩なプログラムが開催されています。プログラムの1回目は、まだ慣れていなくて大変かもしれませんが、慣れてくるとスムーズに体が動かせるようになります。特にリズム系のものは、覚えれば楽しくなっていくので、毎回通いたくなるでしょう。ダンスなども、最近はプログラムが増えているので、習得していくのが楽しいと思います。

 

大体週に1回ぐらいで同じプログラムが開催されているはず。まずは手探り状態にはなりますが、継続して参加できそうなプログラムを探してみるといいですね。できれば、同じ年ぐらいの人が参加していそうなプログラムだと、違和感もないですし、快適にプログラムに参加しやすいと思います。

 

・目標を明確にする

 

ジム通いの理由を一度考えてみることが大事!例えば、あと5キロ痩せたい、なら5キロ痩せるまでは頑張る!と心に誓ってくださいね。目標がないまま、何となくダイエットしたいし…とか、運動不足を解消したい、というボンヤリとした目的だけでは、長続きするはずがありません。

 

ジムによっては、ダイエットで通いたい人のために、特別な短期プログラムなどが組まれていることもあります。体重の計測から、体型の変化を測定したり、どんな運動をするといいのかなど、インストラクターが教えてくれます。一人で頑張るよりも、誰かにアドバイスしてもらいながら、挫折してしまわないように頑張って通いたいという人は、まず目標から考えてみましょう。

 

・借りられるロッカーを活用する

 

大抵のジムでは、ロッカーが借りられるようになっています。運動した後のシャワーで使う洗面用具や、タオル、ヨガがあるところはヨガマットなどが置けるようになっています。仕事帰りや、家に一度帰らなくてもジムに直接行けるように、借りられるロッカーは活用してください。

 

ロッカーは有料ではありますが、その分頑張ろうという気持ちにもなれるので、お金を払ってでも借りて、何かのついででジム通いができるようにしておけるといいですね。

 

ジムに通おうと意気込んでも、最初だけ頑張って、だんだんフェードアウト…という、途中で挫折してしまう人は結構多いです。でも、ジムは継続することに意味がありますよね。運動はできるだけこまめにコツコツと…が大切。ジム通いを頑張って続けるために、自分でできる工夫をしてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です