目元のメイクに注意?濃いアイメイクは痛い30代女性の象徴

バサバサアイメイクは魅力的じゃない!
目元のアイメイクを改善するにはどうすれば良い?
アイメイクをする時に、目元の印象を良くしたいからといってマスカラを大量に盛って、バサバサ状態になってしまう…
アイラインを濃く引き過ぎて、気がついた時には目元の印象がただただ派手な状態になっていた…

30代女性には30代女性の美しさがあるのですが、ただ派手なアイメイクをするというのはおすすめできません。

 

 
結果的に老け顔メイクになってしまうこともありますので、十分に注意しておくようにしましょう。
30代女性には30代女性に適したアイメイクがありますので、確認しておくようにしましょう。

 

 
・ブラウンのアイラインが効果的!

 
目は大きく見せたいけどギャルのようなメイクをするわけにはいかない…
30代の大人の女性として適したアイメイクをするにはブラウンアイラインがおすすめです。

ブラウンというのは黒いアイラインとは違って、はっきりとはしていません。
そのため、ナチュラルな仕上がりになります。

目元をアイラインで囲んだとしても、くっきり過ぎず、少し柔らかい印象ですが目元の印象を変えることができるので大人の女性にはピッタリですよ。

 
ブラウンのアイラインを持っていない場合には、黒でも良いのですが、眼をぐるっと囲むのではなくワンポイントで目尻にだけ引くようにしてみましょう。

 

 
・メイク前の準備も重要

 
メイクをする時には化粧水や乳液を使用して、お肌にたっぷりと水分を与えるようにしましょう。
そうすればメイク崩れも予防することができます。

メイク直しをするには時間もかかってしまいますので、保湿を徹底するようにしてみてください。
ベースメイクですが、下地を塗ることから始めます。

下地というのは赤みやシミ、くすみが気になっている部分をメインに行います。
目元や口元というのは表情を作った時にはついつい歪みが出やすくなりますので、薄く塗って伸ばしていくようにしてください。

使用するファンデーションはリキッドタイプがおすすめです。
リキッドタイプであれば粉っぽさも出なくなりますので、大人の女性にはピッタリですよ。

さらにファンデーションの色というのは首と顔との色が異なってしまうと違和感が出てしまいますので、こまめにチェックしておくようにしてください。

 
日焼けなどによって少しずつお肌の色が変化して、使用していたファンデーションの色が合わなくなることもあるんですよ。

 

 
・魅力的な唇にするには?

 
唇を魅力的にするにはどうすれば良いのでしょうか。

 
やはり30代女性の唇というのは少しずつ血色が悪くなるものです。
そのため、血色が良く見えるものを選ぶべきです。

濃い色を選ぶと、30代女性の血色の悪くなった唇にはピッタリです。

 
自分に合っているリップカラーというのは親指の先端部分を圧迫した時に赤みが出ます。
自分のお肌にしっかりと馴染む色ですので試してみてください。

このように30代には30代に適したメイクというものがありますので、魅力的な30代になるためにも試してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です