男にモテないガサガサ唇が進行してしまう理由

ガサガサで皮が剥けている唇というのは見た目的にも最悪です。
このガサガサ唇が進行してしまうのはどうしてなのでしょうか。

プルプルの唇というのはその人の魅力をかなりアップさせてくれます。
男性はプルプルの唇を見るとかなりテンションが上がるそうですよ。

しかし、年齡を重ねると唇が荒れてしまってガサガサになってしまいます。
ガサガサになれば女性らしさというのはかなり落ちてしまいます。
アンチエイジングをしてもっと若々しい口元を手に入れたい!というのであれば、唇のケアを絶対に忘れてしまってはいけません。

 

 
・そもそも唇はとっても繊細

 
唇というのはとにかく乾燥に弱い部分です。
自分で潤いを補完する、という働きをしませんのでこまめにケアをしなければすぐに乾燥してしまうわけです。
体調やその日の環境によっても唇の乾燥の度合いは全く異なってきます。
さらに食生活、紫外線の強さに湿度などが非常に大きく関係してきます。

唇が乾燥してくると、さかむけのようになります。
そしてそのさかむけのようになった皮というのはついつい気になってしまいます。
その結果、自然と皮を剥いてしまうこともあります。

場合によっては舌や歯でついつい皮を剥いてしまうかもしれません。
このようなクセを直さずにいると、剥きすぎて血が出てしまうこともありますし、さらに唇の荒れを酷くしてしまうようになります。

見た目的にもなにも良いことはありませんので、まずは皮を剥くクセを治すようにしてください。
ちなみに、このような皮を剥くクセがある人というのは精神的にストレスを抱え込んでいる場合が多いようです。

 

 
・舐めるのも絶対にダメ!

 
唇が乾燥するとついつい舐めてしまいたくなるのですが、実は唇を舐めるのは良くありません。
唾液によって一時的に潤ったように感じるかもしれませんが、舌で唇を湿らせるように舐めると、唇の表面を覆っている油膜が落ちてしまいます。
その結果、唇は激しく乾燥してしまうようになります。

唇が乾燥しやすい方というのは、基本的に鼻呼吸ではなく口呼吸をしていることが多いようです。
そのため、口を常に半開きの状態にしているという情けない顔を男性にさらしている可能性があります。
これはモテモテの30代女性になるうえで非常に大きなマイナスポイントとなりますので、口呼吸はできるだけ意識して鼻呼吸を意識するようにしましょう。

 

 
・唇の紫外線対策も忘れてはダメ!

 
顔や手足というのは紫外線対策をしっかりと行っていても、ついつい唇に関しては忘れてしまいがちです。
唇は日焼けしないためにあまり気づきにくいのですが、日焼けをした時には唇がバサバサに乾燥してしまいます。
最近では紫外線をカットするタイプのリップクリームが販売されていますね。

そのため、日中は日焼け止め効果のあるリップクリームなどをしっかりと使用しておくようにしましょう。
唇は血色が出やすい部分ですので、日焼けによる乾燥などが原因でくすんでしまうことも多いです。

そのため、血行促進効果のあるマッサージを行いましょう。
指の腹で優しくグルグルマッサージするだけでも効果はありますので、気がついた時には試してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です