忘年会シーズンもインナービューティーを意識して!

忘年会シーズンには身体がボロボロになってしまうことがあります。
忘年会シーズンのインナービューティーについてご紹介します。

忘年会シーズンというのは、連日のように宴会続き…
そのような方も少なくないと思います。

 

 
連日の暴飲暴食をしていると、身体がダルく感じてしまったり、お肌や髪の毛にツヤがなくなってしまうこともあります。
このような症状というのは、肝臓の働きが低下してしまっているからかもしれません。

肝臓というのは代謝や身体の解毒作用に大きく関係していますので、その肝臓の働きが低下すると身体の美しさはどうしても失われてしまいます。

 

 
そこで、日常生活におけるポイントについて確認をしていきましょう。

 

 
・睡眠時間の確保は必須

 
寝ている時というのは身体の色々な部分が休んでいる状態です。
そのため、エネルギーの消費量というのは当然減少してしまうのです。

 
しかし、睡眠時間が短くなって、起きている時間が長くなればエネルギーの消費量というのは増加しますが、代謝を行っている肝臓はずっと働き続けていることになります。

 
その結果、肝臓に激しく負担がかかってしまうことになるのです。

そのため、睡眠時間を徹底的に確保するようにして、肝臓の疲労を軽減させるようにしましょう。
なかなか寝付けない時であっても、身体を横にするだけでも肝臓に行き届く血液の量が増加して、栄養素が運ばれなくなるのです。

 

 
・肝臓を助ける栄養分を摂取する

 
肝機能を高めることがインナービューティーにおいては欠かせません。
そして肝臓の働きを少しでも高めるためにも、栄養のバランスがしっかりととれている食事を摂るように心がけてみてください。

さらに、肝臓に良いとされている納豆、味噌汁、海藻や玄米といったものを取り入れるというのもまたおすすめですよ。

 
そしてアルコールを摂取する時は、できるだけ肝臓に負担がかからないように飲む、ということが大切になります。

大前提として、空腹時にはお酒を飲まないようにしましょう。
もちろんペース配分にも注意しましょう。

早いペースでお酒を飲んでいると、肝臓はフル回転で働かなければならないので肝臓にかかる負担が大きくなります。
そしてアルコールを摂取するのであれば、できるだけ水とアルコールとを交互に飲むようにしましょう。

このアルコールと交互に飲むのは水がベストですが、お茶でも問題はありません。
ただし、フルーツジュースなどを飲んではいけません。

フルーツジュースなどというのは、糖分を過剰摂取してしまいます。

 
肝臓に負担をかけないようなアルコールの摂取法として水分を摂取するにも関わらず、フルーツジュースによる糖分の過剰摂取をしてしまうと体重の増加に繋がるのでダイエットにおいてマイナスになります。

このように身体の内側をきれいに、そして効率よくダイエットをするためには、アルコールの摂取方法について理解をしておく必要があります。

 
そしてアルコールの摂取方法に注意すると同時に、アルコールと一緒に摂取するドリンクについてもしっかりと確認するようにしましょう。

そうすれば忘年会シーズンによる肝機能の低下、代謝機能の低下を防ぐことができるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です