彼が驚く!感じやすいカラダ

SEXのとき、イッたふりとかしていませんか?彼を安心させるためには。そうした、隠し不感症は、いずれ彼に伝わって、倦怠期に突入してしまうかも。そこで、感じやすいカラダ作りで、飽きさせないようにしましょう。

 

1やりまくる若い子って

10代のデキ婚が、もはや一部の階層では当たり前です。誰も居ない自宅や、身障者用・ベビーシート付トイレ、人気の無いビルの屋上など。ラブホテル代が無い分、やれる場所ではどこでもって感じ。一見お盛んに見えます。が、成功率≒妊娠の割りには、エクスタシーが無いんですね。感じてるお子様もいますが、ほとんどは感じていません。カラダがまだ成長期ですし、知的にもこれからです。人生経験は言わずもがな。単なる交尾、ガンダムのような合体です。です。10代デキ婚の離婚率は、高いですね。本当の愛情が従ったSEXでないからです。大人が言うには、肝試しみたいな、やったものが勝ちという。小学生みたいな感覚らしいです。

 

2年が行くほど壮絶

やはり既婚者も未婚者も、30代以降の熟女の方がエロいですよね?アダルトビデオで熟女モノがあります。また、パートのおばちゃんの猥談は、飲んだ時20代の子らで繰り広げられる猥談の比ではないそうです。しかもパートのおばちゃんは、昼間からしらふで、買い物の予定と平行して語るんです。片手間でやれるほうが、エロいと言えるでしょう。SEXテクニックにおける人生経験をナメてはいけません。もっと年行って老人ホームでは、入所者の逢引が多いです。ダンディなじーさまがいようものなら、大変。これが入所者同士の結婚になるぶんには、いいのですが、刃傷沙汰にすら。「女は灰になるまで女」とは、よくいったもの。

 

3具体的にはどうしたらいいか?

人生経験で枯れるというのは大間違いというのは、おわかりいただけたかとは、思います。ヤリまくる=SEXが強い、上手い、わけではありません。渋谷とかで、中高生の風紀を取り締まる、野暮な教師、警察官。大人になってからの快楽の方が、きもちいいよ!と、大変思いやりのある指導をしているんですね。でも、人生経験を積む、すなわち年行くまで感じるのが無理なんて。その頃には容姿も衰えてるし。ご安心ください。三倍速で経験を積める方法が、あります。それは、仕事でもプライベートでも、全力投球で生きると言う方法です。そうすれば、人生経験を積んだのと同じくらい、エロスに対して感じやすく、濃厚になれるんです。現に、海猿(海上保安官)みたいな仕事をしている男性って、年下でも私より成熟している感じがします。だから、そういう男性は、「9時5時のワンパターンな生活してたら、脳が衰えるよ。あっちの方も...」と、言います。って、くどかないで下さい。え!インドの経典。カーマスートラみたいな性の奥義を期待してた?残念でした。でも、カーマスートラも半分は、コツコツ真面目に努力しましょう。と言う、保健体育的な内容なんですよ。性の奥義的に感度を上げたいのなら、同じインドの経典でもヨガをやって、エネルギーを取り込む方法がありますよ。ただ、ヨガは、合う合わないの問題があります。それよりも、誰にでも効くこの方法を試しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です