奥手さんが付き合う人を求めるのにしてはいけない行動

異性に巡り会うと言うと、ナンパと出会い系くらいしか思い当たりませんが。出会い系はお勧め出来ません。また、最近多いお見合いパーティーなんかも、考えモノなんですよ。田舎や性別の偏る職場で居る男女に奨められはしますが。

 

ナンパや、出会い系なんか、軽いノリでいける男女は、もう中学生あたりから、場数を踏んでいるんです。時には、危ない体験もして、慣れているんですよね。

 

奥手さんならば、場所は異業種交流会様な場がいいでしょう。

参加者は、名札を付けて集まり、立食で自由に行き来して、意見交換をしたり、ビジネスパートナーを求めたりしていますよね。同性異性問わず、お互いに名刺交換しながらお話したりしていますよ。

それがきっかけになって、合コンがセッティングされる場合もあるのでしょうね。起業一途でない場合は、こういう安全な場面で出会いを求めるのもアリです。

 

異業種交流会でもオフ会でも、勤め先やご近所、幼なじみ以外での人間関係を作っていくよう行動すればいいんです。何らかの共通点のある集団に幾つか属するようにする。こうした努力したいをしましょう。

営業職や編集部とかでもない限り、職場外に出るチャンスも少ないのですが、こうしてほかの場に出かければ、少ないチャンスが広がります。

 

絶対止めて欲しいのは、他でも書きましたが、新興宗教。

伝統的な宗教の座禅体験なんかはいいですが。あんまり、オススメできない面もありえるのが、何とお見合いパーティ。それって、容姿や他のスペックばかりがクローズアップされてしまいます。

ですので、芸人のナインティナインが、主催しているお見合いパーティの番組を見て居たら、わかりますよね。その中の美男美女がくっ付くだけですよね。ま、後の放送で、残った者同士がゴールインしたのも見ますが。

それで、見てられないって思ったのが、大手結婚紹介所の成婚写真。いかにも、残り物同士がくっ付いたみたい。容姿だけでなく、醸し出す雰囲気も、です。昭和の頃。

お見合いおじさん・おばさんが、多かったです。そういうのは、美人には少し前の3高みたいな男性。不美人には見合いでもないと結婚できそうにない男性でした。子供心に、何だかなあという印象を残しました。

 

とりあえず、お見合い/出会いが、クローズアップされ過ぎなものを、避けるのがベター。それよりも、起業/思想/趣味なんかが、メインになっているモノを、選びましょう。最近多い、デモなんかもいいですよ。邪道な気がしますが、参加している人の何人かは、ノンポリらしいです。いにしえの学生運動ではないですが。おまけに、人数を増やすために、サクラを雇ったりしているそうで。ただ、そこへは、異性として無理。という相手に粘着されるリスクもあります。出会いがメインではないから、出会い、お見合いなんて行く自信がない男女が寄ってる場合もあります。その場合は、ストーカーされないよう、携帯番号だけ伝えて住所は教えないとか言う努力が要ります。異業種交流会は、名刺を渡さないと行けません。じゃあ、仕事用の携帯やオフィスしか教えないとか言う努力が必要なんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です