大豆イソフラボンの脱毛効果

大豆イソフラボンには脱毛効果があります。
大豆の持つ脱毛効果についてご紹介します。
男性も女性も体毛の成長スピードには人によって違いがあります。
この個人差は、髪の毛を育てる細胞をどのくらいホルモンが刺激しているのかが関係しています。

男性ホルモンは毛の成長するスピードを早くします。
そして女性ホルモンは毛が成長するのを抑制する働きがあるのです。
つまり、毛の成長を遅らせているのです。

毛の成長を遅らせたい、体毛の成長を止めたいと思うのであれば、女性ホルモンの分泌量を活発化したり、毛根に直接ホルモンを塗りこむことが重要なのです。

このホルモンの働きとよく似た働きをするのがイソフラボンになります。
イソフラボンが毛の成長を抑制するローションには豊富に含まれます。

 

 
豆乳で作られるローションを使用することで、体毛の成長を遅らせることが可能ですし、脱毛や抑毛といった効果を期待できます。

豆乳が減量のローションを1日に2回から3回程度塗るのが効果的であると考えられます。

 

 
・サポニンも忘れちゃダメ!

 
大豆サポニンは豆乳に含まれます。
そして肥満予防作用があるとされています。

 
このサポニンには保湿効果がありますので、お肌の生まれ変わりを促進するうえでも効果的です。
毛穴の汚れをきれいに除去できるとも言われているんですよ。

豆乳が原料であるローションには、イソフラボンだけでなく、これがお肌に浸透しやすくするサポニンも含まれています。

 
ローションがどれだけ抑毛に役立つとはいっても、結局はそのローションが毛穴に浸透しなければ意味がありません。

イソフラボンだけでなく、大豆サポニンも含まれている豆乳で作られているローションというのは抑毛効果抜群であるといえるのです。

毛というのは脱毛をするのも効果的です。
しかし、できることであれば毛を除去するばかりではなく、生えてくる毛を少しでも細く、少しでも薄くしたいと思うものです。

その場合にはカミソリなどを使用して脱毛をした後に、保湿の意味も込めて豆乳ローションで保湿をするのはどうでしょうか。

 
より高い保湿効果を得ることができるのはもちろんですが、同時に抑毛効果を得ることもできるのは非常に魅力的なのではないでしょうか。
毛というのは普段の習慣や食生活の乱れが原因となって濃くなる多いです。
しかし、長年の習慣を変えるのは簡単ではありませんので、普段から豆乳ローションを使用してみてください。

この豆乳を使用している化粧品というのは手作りのものもありますし、ドラッグストアなどでも販売されているものもあります。

 
どのようなタイプのものを使用するのか、というのは個人によって異なりますが、やはりドラッグストアで購入するというのがお手軽です。

 
手作りの場合にはコストが余計にかかってしまうこともありますし、作り方を間違ってしまうと充分に抑毛効果を得ることができなくなることもあります。

 
そのため、初めて豆乳が原料となっているローションを使用するのであれば市販のものを使用するというのがやはりおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です