二重まぶた整形の種類を教えて

あなたが、二重まぶたの方が好きでしたら、プチ整形の二重まぶた形成と全切開法の二重まぶた形成があります。

とりあえず、二重まぶたにしてみたい場合でしたら、プチ整形の二重まぶた形成がいいでしょうね。早く安く出来ますし。しかし、時間が経てば、元に戻ってしまうんです。

 

プチ整形の二重まぶた形成は、埋没法と言うものです。

プチ整形の二重まぶた手術は、なんと髪の毛より細い糸で、まぶたの裏側から、成りたい二重まぶたのヒダの幅に合わせて2ヶ所留めるだけ。ですから手術時間は、両目合わせて10分ぐらいしか、かかりません。麻酔をするので、痛みはほとんどなく、メスを入れないので術後の腫れも、素人にはわからないでしょう。麻酔クリームによるものなので、歯科でやる注射のような痛みもありませんし、手術当日から、洗顔もできます。

このように、プチ整形の二重まぶた形成のいいところは、痛みや腫れが少なくて、短時間で終わるところです。ですので、埋没法では手軽に目を大きくできるんです。また、縫いこんであるだけで、切開してないので、ヒダの幅を変えたい場合は、気軽に元に戻せます。

ですので、切開法による二重まぶた形成で、どんな感じになるのか?見てみたい人にとっては、お試しにも,よく利用されます。案外、今の顔で二重まぶただったらどうなるのか?分からないモノですよ。

 

プチ整形の二重まぶた形成をしてみて、気に入った。もしくは、元に戻るのが嫌な場合、本格的な二重まぶた形成に踏み込んだりもできますよ。

その前に、埋没法の二重まぶた形成より、少し発展した、二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)があるんです。

埋没法と全切開法を折衷したものですね。

埋没法で戻るのが早くて嫌な場合や、全切開法までいく勇気がないという人は、検討してみるとといいでしょう。ミニ切開法の手術は、二重まぶたのヒダの幅の1~2cmのみ切開してから、縫い合わせます。手術時間は埋没法の倍の20分程度です。

それで、埋没法とは違い、術後、一重に戻ってしまいません。ほぼ、半永久的に二重まぶたが維持できます。本格的な二重まぶた形成のように、気に入らないからと言って、元に戻せません。プチ整形でお試ししてからにしましょう。

 

やるからには、徹底的にやりたい場合。

全切開法の二重まぶた形成があります。

希望する二重まぶたのヒダの幅に合わせて切開して、余分なまぶた脂肪を取り出す処理を行ってから、縫い合わせます。手術時間は30分前後です。そこまでしたら、一重に戻ってしまう心配はないです。

ただ、二重まぶたのヒダの幅が気に入らないからといって、元には戻せません。思い切れない場合は、プチ整形の二重まぶたの手術を受けてみて、そのドクターのセンスや技術を見極めてみるといいでしょう。

 

あと、本当に気になるのは目ですか?以外と多いのですが、口元が出ているのに、これをごまかすのに二重まぶたに走る場合があります。そんな時は、SNSなどで、難しい顎の骨格を変えてくれる技術のしっかりしたところを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です