メイクで隠すだけの美肌ではダメ!

メイクで美肌を手に入れることはできません。
メイクではなく本当の意味で美肌を手に入れる方法について考えてみましょう。

美肌はスキンケアやメイクによって手に入れることができます。
しかし、20代の頃からメイクでお肌を隠していると、30代になる頃にはお肌に負担がかかってしまいます。
その結果、お肌トラブルが起き、そのお肌を隠すためにメイクを濃くしなければなりません。

そのような悪循環に陥っていると、30代になるとくすみやたるみ、シワが目立つようになります。
そこで、まずはメイクで隠すのはやめて、お肌の状態が悪くなっている原因について考えてみるようにしましょう。

 

 
・寝不足は美肌の大敵!

 
人というのは寝ている間に成長ホルモンがたくさん分泌されます。
そしてこのホルモンには代謝を促進する効果があります。

 
寝不足によって代謝が悪くなるとお肌の生まれ変わりが活発に行われなくなってしまい、古い角質や細胞が新しいものと入れ替わらなくなります。

つまり、睡眠不足は代謝の低下に繋がり、お肌の古い角質が新しい細胞に生まれ変われなくなってしまうのです。

 
睡眠が足りていない状態だと、このホルモンの量が足りなくなってしまうのです。

 
特に女性ホルモンの分泌量が低下します。
そして男性ホルモンの分泌量が増えるのですが、このホルモンは皮脂の分泌量を増やしてしまうので脂性の原因になります。

 

 
・喫煙でお肌はボロボロ?

 
タバコを吸うというのは何一つ良いことはありません。
そして喫煙によってお肌の状態が悪くなる場合もあるのです。

喫煙をすると、血液の流れが悪くなり、お肌を健康的な状態に維持することができなくなります。
お肌を健康的な状態に維持するうえで欠かせない成分をお肌に効率よく届けることができなくなってしまうのです。

さらに、代謝を悪化させてしまい、お肌の生まれ変わりをスムーズに行うことができなくなることがあります。

 
この喫煙はコルチゾールを多量に分泌させてしまうので、皮脂の分泌量が増加してしまいます。

 

 
・メイク落としの使い方でお肌が悪くなる?

 
洗顔というのはお肌をきれいな状態に維持するうえで重要なものです。

 
特にメイクをしている方はお肌の洗浄をしなければいけません。
洗浄をする時には一般的にはクレンジング剤を使用します。

 
しかし、オイルタイプのものはあまり使用しない方が良いでしょう。

このオイルというのはクリームタイプやシートタイプなどの中でも特にお肌への刺激が強いのです。
メイクをきれいに落とすことはできますが、皮脂まできれいに奪い去ってしまうのです。

皮脂が必要以上に洗浄されてしまうと、お肌が乾燥します。

 
乾燥すると皮脂を過剰に分泌するようになるのでお肌がテカテカになってしまうのです。
お肌の皮脂が増えれば、メイクも定着しにくく崩れやすくなります。

お肌の洗浄をする時には、皮脂の多い方ほど洗浄成分の小さいものを使用すべきなんですよ。

睡眠不足をしっかりと改善するようにして、尚且つ喫煙のような習慣やメイクの落とし方を見直すようにしましょう。

 

 
そうすればお肌を今よりも良い状態にすることができますし、メイクのノリもかなりよくなると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です