マツコも知らないフェチの世界

昨夜見て面白かった。と言うのは大嘘で、こういう企画を有吉弘行に提案したい位、フェチの世界は、奥深いものなのです。コスプレと似かよってはいますが、フェチの方が、底なし沼な感があります。

コスプレは、衣装だけですからね。異性に触れたい。それも、性器に。と言う、極めてノーマル性的欲望が、どういうわけか、性器以外のパーツ、行為に拡散し、それがメインデッシュになったものです。

 

1フェチの基本

誰でも知っているのは、サドマゾプレイ、放置プレイですね。レザーやストッキングに身を包んだ上から触る感覚が好きというのもあります。

また、スカトロやメッシーなどの汚れ系も、あるんですよ。あんまり、近寄りたくないですが。また、こちらもわかりやすいのですが、体のパーツ:髪の毛、足、うなじなど、性器以外のとこへアクセスしちゃうのがいいというものですね。行為は、SMプレイだけでは無いんですね。変わ行ったところでは、剃毛フェチ・医療行為プレイ・包帯・マスク・眼鏡。行為や付けているものによって、数えきれない位バリエーションがあります。

例えば、同じミニスカフェチでも、スカートを履いた尻なのか?ソックスとスカートとの間の「絶対領域」なのか?特定の属性や、ロールプレイングに対するフェチもあるんです。女子高生フェチ・人妻フェチ・女装フェチ・ヤンキーフェチなど。それ用のコスプレグッズも多いですよ。バラエティー番組のひな壇タレントなどは、ほとんど属性フェチを満たす人ばかり。試行錯誤して、あなただけの、お気に入りのフェチを見つけましょう。

 

2フェチがメインに?!

そのフェチが、カップル的に/個人的に、SEXより、きもちよくなってしまっても、決してアブノーマルではありません。まして、相手に恵まれない人が、一人エッチする「おかず」でも、もてないオタクの趣味でもありません。

どんな手段でエクスタシーを感じるかは好みの問題ですし、どんな人が飛びついてもかまわない、世界です。副産物として、かえってふつうのSEXが良くなったりしますので。気持ちよくなるのに、タブーはないです。タブーは気持ちよくなるのをブロックします。

ここらあたりは、平成の今は、かなり自由で選択肢があります。え?抑圧するモノが無いから感じないって?!

 

3how to フェチ

フェチを試したいけれども、どこから入っていいかわからない。と言う場合は、ネット検索してみましょう。興味のあるコンテンツが見つかったら、SNSで聞いたり、掲示板に書き込んだりして、知識を深めて行きましょう。

風俗に行ったり、ホームページを見るだけよりも、コアな知識が得られます。同好の士がオフ会をしていたりして、プレイ出来たりするかも?!ただ、出会い系サイトのような危険には、くれぐれもご注意を。

また、こんなフェチって私だけ?と、恥ずかしく思っていたり、プレイの相手が居ない場合は、ネットで相手を見つけられたりもします。そこから、恋愛に発展してもいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です