ホルモンバランスを整えて綺麗になろう

女性はいくつになっても綺麗な女でいたいもの。

年齢関係なく、綺麗でいるためにとても大切なものが「ホルモンバランス」です。

ホルモンバランスが乱れると、いろいろな不調が起こります。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、どのようなことが起きるのでしょうか。

①生理不順

②不正出血

③生理痛

④不妊

⑤更年期障害

⑥自律神経失調症

⑦肌荒れ

 

9

では、ホルモンバランスが乱れる原因は何でしょうか。

 

①睡眠不足

5

夜更かしが多いと肌は荒れるし、イライラはするし、ストレスは溜まるし良いこと一つもありません。

 

 

②ストレス

2

ストレスはお肌だけではなく身体も悪くなります。

過度のストレスはうつ病の原因にもなります。

 

 

③食生活の乱れ

3

ジャンクフードばかり食べたり、偏食したりが続くと身体に必要な栄養素が取れないために

様々な不調が表れます。また太る原因にもなります。

 

 

④運動不足

4

運動不足だと肩こりや腰痛、太る原因にもなります。また体力が衰え、ちょっとしたことでもすぐ疲れるようになります。

 

 

原因が分かったところで、ホルモンバランスを整える方法を紹介いたします。

 

①充分に睡眠をとる

睡眠不足はホルモンバランスが乱れる一番の原因です。

人は眠っている間に疲れを回復させたり、お肌の細胞の分裂が活性化され肌の生まれ変わりが促進されるんです。

成長ホルモンが分泌されます。

ゴールデンタイムと言われる夜10時から朝2時の間は睡眠をとるのが望ましいです。

 

 

②食生活の改善

食生活を改善することによって生活習慣病の予防や老化防止、皮膚を強くしたり、

疲れを回復させたり様々な効果があります。

食生活を見直すことによりダイエットにもなります。健康的に痩せることが出来ます。

ジャンクフードはなるべく食べない・野菜・果物・肉・魚をバランス良く。

健康的になるための食材語呂合わせ「まごわやさしい」を意識しましょう。

「ま」ま

「ご」ごま

「わ」わかめ

「や」やさい

「さ」さかな

「し」しいたけ

「い」いも

6

 

③アルコールや喫煙は控える

7

タバコはご存知の通り、百害あって一利なしなので思い切ってやめてみましょう。

また、男性は女性の喫煙を嫌がる人も多いです。動脈硬化や高血圧、脳卒中、心筋梗塞のリスクも高くなります。

アルコールもほどほどが大切です。肝臓が悪くなったり、脳やいろいろな器官を傷つけてしまいます。結果老化が進みます。

 

 

④運動をする

8

適度に運動をすると脳は活性化・肌は綺麗になる・ストレスは解消される・風邪予防・肩こりや腰痛の改善・不眠が解消・血圧を下げるなどいいことだらけです。

ウォーキングやサイクリング、ジョギングや水泳など軽く運動をすることから始めましょう。

日頃から運動していない人が急に激しい運動をすると心臓の負担になったりぎっくり腰になるので気を付けましょう。

1

ホルモンバランスを整えるには、これらを習慣化することが大事です。

心も綺麗に身体も綺麗になるためにはホルモンバランスを整えることが必要不可欠となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です