ヘアスタイル次第で30代でもモテモテになれる!?

女性にとってヘアスタイルというのは非常に重要なポイントです。
30代でもモテるヘアスタイルというのはどんなものがあるのでしょうか。
30代の女性といえばヘアスタイルにもある程度は意識をしていると思います。

 

 
しっかりと美容院でカットをして、きれいにしているとは思いますが、そのきれいにしている方法は本当に正しいのでしょうか。
そして、本当の意味で自分のことを理解したヘアスタイルにすることができているのでしょうか?

まず、ヘアスタイルというのは自分をきれいに、可愛く見せるうえで欠かせませんが、自分の欠点を隠すこともできます。
例えば、30代の女性というのはどうしても太りやすくなりますので、顔が丸くなりやすいのです。

もともと顔の丸い人が、さらに太ってしまうと顔はパンパンです。
このパンパンの顔であるにも関わらず、オールバックの一つ結び!
そんな事をしてしまうと丸い顔を見せびらかしているようなものです。

このように、ヘアスタイルというのは欠点を隠すこともできますし、場合によっては欠点を強調してしまうことにもなるので注意が必要です。

 

 
・顔の額縁を隠すのがコツ!

 
30代になって緩んできた顔のお肉というのは簡単には引き締めることができません。
そのため、顔の額縁をしっかりと隠すように心がけましょう。
この顔の額縁というのは、おでこから目尻にかけてです。

この部分を隠すことで小顔効果をしっかりと得ることができます。

 
美容院などに行くと髪をアップにする前は小顔に見えていたのに、タオルで髪の毛をまとめてアップにすると意外なほどに顔が大きかった!
そのようなことってありますよね。

やはり、それだけ髪の毛というのはその人の顔の印象をかえますし、やり方次第で欠点を隠すことだってできてしまうんですよ。

 

 
・丸顔なら縦のラインを意識した前髪にするべし!

 
丸顔の女性というのは基本的に幼い印象に見られてしまうことが多いです。
そして頬のお肉が多いために笑った時などには顔が横広な印象になることも多いですよね。

では、このような幼い、丸い印象というのはどうすれば変えることができるのでしょうか。
ここで重要なのは丸い顔のラインを縦長にする、ということです。

縦長のラインを作ることができれば、顔の印象は丸ではなくなります。
縦長のラインを作るためには、まずは前髪をできるだけ中央から分けるようにしましょう。

中央部分から分けることで、顔のラインは一気に縦長になります。
ただし、この分け方は髪の毛がペタンとなってしまい、ボリュームが失われてしまうこともあります。
そのため、中央から分ける時にはできるだけカーラーなどを使用して癖をつけるようにしましょう。

そしてコームなどを使用してふんわりした印象になるようにしなければなりません。
せっかく丸い顔の印象を縦長にしたにも関わらず、べったりとした雰囲気になってしまうというのはあまりにも勿体無いですよね。

やはりモテる30代の女性になるためには、大人らしい縦のラインを意識した、ふんわり前髪を作ってみるようにしてくださいね。

 
これだけで顔の印象は大きく変わりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です