プチ整形で目をパッチリ二重にしたい!

プチ整形によって目の印象を良くしたい方は多いです。
プチ整形で目を可愛くしたい方は参考にしてみてください。
まるで糸のように細くて印象の薄い目の方というのは、その目がコンプレックスになってしまうものです。

 

 
人相が悪く感じられてしまったり、その目のせいで男性にモテないのではないか…
色々と余計なことを考えてしまいますよね。

あとほんの少しだけでも二重でパッチリな目だったら人生が変わっていたのではないかと思ってしまう方もいるでしょう。

 

 
しかし、現在では一重の目を二重にすることも可能なのです。

女性の顔の印象というのは目が大きく左右しているものです。
一重なのか二重なのかで大きな違いがあるんですよ。

この一重の目を二重にするなら次のような方法があります。

 

 

 
・埋没法で二重にする

 
埋没法というのはメスを使用することなく行うことができます。
非常にお手頃な方法になります。
メスを使用して切開することもないので、術後に目が腫れてしまうこともありません。
さらに二重の幅も細かくコントロールすることができます。

メスを使用しないので入院や通院をする必要もありません。

 

 
・切開法で二重にする

 
この切開法というのは皮膚を切開しますので、埋没法とは違って二重のラインをほぼ永久的に残しておくことができます。
埋没法であれば二重が一重に戻ってしまうこともあるのですが、切開法であれば問題ありません。

手術は30分程度で終了します。
切開するので腫れが出てしまうこともあるのですが、このような腫れも2週間程度で引いていきます。

 

 
・まぶたの脂肪除去で二重にする

 
非常に細い針を使用してまぶたについている必要のない脂肪を除去します。
そして脂肪を除去した後に埋没法で二重にしていきます。

埋没法を使用しても、まぶたの脂肪が多すぎるとどうしてもきれいな二重になりません。
腫れぼったい奥二重のようになりますので、埋没法の効果を得にくいのです。
そのため、まずは脂肪を除去するわけです。

こちらもメスを使用しないので腫れがでる心配はありません。
しかし、まず脂肪を除去してから埋没法を行うので費用は高額になります。

 

 
・眼瞼下垂で二重にする

 
まぶたが腫れぼったい人で重く感じている人にはおすすめです。
まぶたの開閉に関係している筋肉を調節します。

 
腫れが1ヶ月程度続くのですが、分厚いまぶたがすっきりとします。
このようにプチ整形というのは一重の目を二重にすることができます。
たったこれだけですが目元の印象というのは大きく変化します。

メスを使用する方法もあればメスを使用する方法もあります。

 
どのような方法を選択した場合でも、施術例が少しでも多いクリニックの方が希望通りの二重にしてもらえるはずです。
そのため、できるだけプチ整形の施術例の多いクリニックを選ぶようにしてください。

インターネット上で情報を集めるというのも良いですし、口コミを参考にしてみるというのもおすすめです。

 
直接クリニックに施術内容や費用について質問をしてみるのも良いでしょう。

 
メスを入れるにせよ入れないにせよ、信頼できるクリニックなのかどうかというのは非常に重要なポイントになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です