プチ整形で気になるシワ・たるが取れる!

30代に突入すると、だんだんとお肌にコラーゲンが少なくなります。そうなると、お肌はゆるんできて、いわゆるシワやたるみになります。

ですので、化粧品などで追いつかない分は、美容整形にお世話になると、楽に速攻、キレイにアンチエイジングができますよ。

 

昔の美容整形では、フェイスリフトなど、メスで切開するのが主流

シワ・たるみ取り整形手術で、お顔の皮膚を引き上げて、シワを取りをしていました。まだ30代でも、髪を縛ると若返った気がするのは、お顔の皮膚が引っ張られるからなんですね。

でも、この手術を受けた、5060代のお姉さま方が、表情が不自然になったりしていますよね。表情がこわばってきた芸能人の誰がそうだ。とか。それでなくても、手術は怖いですし、引っ張るので、どうしても表情が硬くなります。

 

そんな人にオススメなのが、最近出てきた切らないフェイスリフトと呼ばれるモノです。

これは、プチ整形のカテゴリーになります。プチ整形のシワ・たるみ取りでは、超音波・吸引・光などによって、皮膚の下にある筋肉・お顔の血流など、あらゆる組織ににエネルギーを加えて筋肉を若返らせたり、新陳代謝を活発にしたり、コラーゲンを増殖させたりします。

これらは、嬉しい話、フェイスリフト手術と同じくらいのアンチエイジングが可能なんですよ。また、プチ整形とはいえ機器を肌に当てるだけです。

ほとんどが、腫れが収まるまでの、いわゆるダウンタイムは無しですよ。もう、習慣的にお手入れの為、ケアに来る人がいます。

 

ですけれども、コラーゲンなどを注入する場合は、注射の刺激で腫れますが、23日で治まります。もちろん表情がこわばったりしませんし、いかにも整形と言う感じではない自然な感じに仕上がります。気づかれにくく、自然に若返られるんですよ。

また、マシーンを選べば、今まで施術の難しかった首のシワ・たるみも解消できます。もっとも年齢が現れやすい部分だけに、ありがたいですね。

ただ、メンテナンス的に、最長でも半年に1回は、お手入れしないと、若さはキープできません。

 

コラーゲンなどを注入するか?マシーンにするか?

痛みに対する耐性・コストパフォーマンス・before→afterなどを考慮して、美容外科医と相談して決めてください。勉強している人の中には、医学的なエビデンスを調べて、この治療がいいと言う人も、あります。

最近はインターネットの普及などで、そういう人が増えてきましたね。治療効果は処置後すぐ出るものから、2ヶ月から半年かけて効果が出るのまであります。

その中でも、例えばポラリスは、シワ・たるみ取りだけでなく、ニキビやニキビ跡の新治療としても注目されています。真皮にまで働きかけ、お肌の増生効果があるから、難しかった陥没を埋めてくれます。

また、オイリー肌にも効いてくれます。痛みは、たいてい、指ではじいた程度の痛さですが、注射は痛いです。それでも、麻酔クリームをすれば痛くありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です