パートナーによって愛し方を変えよう

いくらテクニシャンでも、パートナーの好みでないSEXをすれば、嫌がれれるだけ。ファッション、食事、音楽、にも好みがありますよ。

 

1コミュニケーション能力が必要

ある塗装業者さんに聞いたのですが、プロが、こんな色ダサいよ。この街の雰囲気から浮くよ。と思っても、依頼主の言う通りするとか。ですから、パートナーが、好きでもないのにコスプレを強要してもいけませんし、SMプレイがお好きなのに、正常位のみで終わらせても、いけないでしょう。

前にも書いた通り、パートナーにどうしたらいいの?と、聞いていくといった、コミュニケーション能力が必要になってくるんです。

 

2コミュニケーションが感度を上げる

パートナーを、本当に好きですか?テクニック的なモノは、スマートフォンでも、手に入ります。けれども、パートナーの事が本当に好き&コミュニケーションが取られなければ、どんな上手なテクニックも、刺激に過ぎず、エクスタシーは、得られないでしょう。空虚さを紛らわすためとか、お金目当てでは無くて、本当に好きならば、「どうして欲しいの?」という言葉が出て来るはず。そうやって聞き合いっこできる関係を育てていけないと、エクスタシーの開発はできません。

美男美女カップルに多いのですが、パートナーに、「どうして欲しいの?」と、聞く≒「器量の悪い人の営業」思い込み、野暮だと履き違えている面があるのです。努力しなくても取り敢えず、恋愛対象には困らないので、パートナーに聞いてあげる行為が、苦手なんでしょう。

ですが、それは、なにも考えず、生きていて、畜生と変わりありません。ヒトとしての、エロスは、得られないでしょう。この際、言わなくてもわかっている、的な奥ゆかしさも脇へ置いておきましょう。

 

3相性よりコミュニケーション

プラトニックラヴもアリですが、付き合っていく上でSEXは、欠かせません。故にSEXの相性が合うか合わないかで、長く続くかどうかも決まってくるのです。相性には、いわゆる上手かどうか?という問題もあるかも知れません。本能的な感覚もあるでしょう。が、それよりもまず相手とコミュニケーションを取られるかどうか?というのが、SEXの良さに、かかわるのです。

パートナー間のコミュニケーション次第で、良いセックスになり、また、逆も真なり。セックス=コミュニケーションです。ここで、一方だけが1人の快楽へワープしてしまうか、2人で快楽を分かち合えるかで、SEX自体の意味が大きく変わってきます。間違っても自分の欲望だけ満たそうとして、突っ走ってはいけません。苦痛を伴うだけで、やればやるほど関係が悪くなる可能性も。

逆に開発途上のテクニシャンでも、相手とコミュニケーションがとれて、お互いの反応を楽しんでいけるのであれば、SEX含む恋愛を、深めていけるでしょう。すべては、いっしょにやっていこう、と思える相手が、その人にとって最高の相手なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です