ダイエットの食べ方の裏技 

ダイエット本は、摂取カロリーを抑えて運動しましょう。ってのばっかりですよね。ですので、ここでは、マイナーな裏技を挙げます。

 

まず、早食い&ながら食いをしていませんか?

脳が満腹感を感じるまで20分らしいです。

早食いをすると、満腹のサインが脳に行くまでに、食べ過ぎます。テレビを見ながらのながら食いも、満腹のサインに脳が気づきにくいんです。やめましょう。BGMを流す程度に。

もちろん、間食・夜食は、いけません。

余計食べすぎますし、食べて寝るのはお相撲さんが太るのにやっている習慣です。

また、間食に多いスナック菓子、チョコレートやキャンディー、などは糖分が多い割には、満腹感が得られません。

残業などで夕食が遅くなるときは、仕事の合間にソイジョイなどカロリーの低い補助食を食べて、帰宅後に炭水化物抜きで脂質の少ないで夕食にしてください。空腹で寝られないというとき、ホットミルクがいいですよ。

 

たんぱく質摂取に肉類は欠かせません

不足すると筋肉量が減って基礎代謝が少なくなり、消費カロリーが生活を変えなくても低くなります。当然、体重が減りにくくなり得ます。

赤身やささ身の脂質の低い肉類は、ダイエット中の人にこそ摂ってほしい食品です。

食事指導が厳しいジム:ライザップでも、質のいい肉類の摂取は推奨されていますよ。肉が高カロリーだというのは、いわゆる霜降りや豚バラなどの肉類は脂肪を多く含む肉類ばかりを考えるから。確かに皮下脂肪に直結しますよね。

魚介類や大豆類も欠かせません。肉には無いミネラルなどの栄養素や、イソフラボンなどの有益なファイトケミカルが取られるからです。

 

濃い味付け、いわゆる甘辛味は控えましょう。

お正月の準備で、お節はそんなモノばかりですが、作って味見する段階から、体重がマズいですね。お菓子か?と言う位、砂糖を使いますからね。かわりに、ダシ、香辛料、果汁などを工夫して風味付けにしましょう。

 

摂取カロリーを低くしていても、夜遅くに偏りがちなのは、痩せません。一番いいのは、夕食抜きですが、お腹が空いて眠れません。炭水化物は抜いて、低カロリーなおかずだけにしましょう。なお、最近ファミリーマートで見た20種類入りサラダ。大豆・ひじきなんかも入っていて、220カロリー。こういうのが良いですね。

 

食べる行為以外の関心を持ちましょう。

恋をすれば痩せてキレイになる。というのは、食べる以外の関心ができるからです。スグ太る人は、食べるのがストレス解消になってるんですね。ストレス解消方を、食べる以外に見つけられれば、以外と簡単に痩せられますよ。

 

野菜を食べていますか?

野菜の繊維質は、糖や脂肪などの吸収をブロックしたり、ゆっくりしたりして、身に付きにくくします。また、おかずの嵩が増えて経済的です。野菜嫌いならば、キャベツなどの淡色野菜から入って行きましょう。忙しくて外食になりがちならば、なるべく有機野菜の店にするor食後に青汁などを飲むなどの工夫をしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です