ほくろ除去はプチ整形で

プチ整形でもほくろをしっかりと除去できるのでしょうか。
プチ整形によるほくろの除去についてご紹介します。
ほくろというのはだれでも1つはあると思います。

 

 
このほくろですが、背中などの目立たない部分にあるのであれば良いのですが、目立つ部分にあるほくろは気になるものです。
鼻の下にあったりすると、どうしても気になってしまいますよね。

このほくろがなければもっと男性にモテるのに…
そのように思っている30代女性も多いでしょう。

まず、ほくろというのは除去することができます。
この場合には手術ではなく、プチ整形としてクリニックで手軽に治療することができるのです。

では、ほくろというのはどのようにして除去すれば良いのでしょうか。

 

 

・炭酸ガスレーザーを使用したほくろの除去

 
ほくろの除去においては皮膚に負担が小さく、尚且つ治療の後が目立たないものが人気です。
炭酸ガスを使用してほくろを除去する場合には、色素細胞がレーザーを破壊しています。

熱を発生させることによって、痛みが強く感じてしまうかもしれません。
しかし、一瞬でほくろを除去できるのでさせるので痛みは極めて少なめです。

 

 

・電気凝固法を使用したほくろの除去

 
大きなほくろや、皮膚の表面からぽっこり隆起しているタイプのほくろに対して効果的な治療法になります。
細い金属の先から電流を流し、電気の力でほくろを削ります。

ほくろを削るのと同時に、傷跡は血液を止めるために凝固していますので出血もほぼありません。
ほくろを簡単に除去できますし、施術時間自体もかなり短いのでおすすめです。

 

 

・くり抜き切除法を使用したほくろの除去

 
局部麻酔をして、特殊なメスを使用してほくろをくり抜くようにして除去します。
ほくろを除去した後は縫合をするのではなく軟膏によって治療します。
3週間前後で傷口は治療できます。

以上のような方法でほくろを除去していきます。
このほくろですが、ほくろの場所や大きさによってプチ整形をするのかどうかは変わってきます。

ほくろが気になるからといってメイクで隠すこともあるでしょう。
ほくろをメイクで隠すような場合にはコンシーラーなどを使用することが多いと思います。

このような化粧品を使用した場合には、ほくろを過剰に刺激してしまうことになりますし、クレンジングにおいても刺激を与えてしまいます。

 
メイクやクレンジングによって何度も何度もほくろを刺激してしまうと、ほくろの色が濃くなってしまうこともあるので注意が必要です。

口元のほくろであればマスクで隠すというのも可能ですが、毎日マスクをするわけにもいきません。
このような理由からも、ほくろをメイクやマスクで隠すというのはやはり効率が良くありません。

そのため、ほくろを除去するプチ整形をするのがおすすめです。

 
先ほども申し上げたように、プチ整形というのは色々な種類のものがあります。
プチ整形というのは様々な種類があります。
そして長所もありますし、短所もあるものです。

初めてほくろの除去をするというのであれば、まずは痛みの小さなほくろのプチ整形を試してみてはどうでしょうか。

女性のほくろが気になる男性というのはあまりいませんし、男性にとってほくろの場所なんてあまり気になりません。

 
しかし、美を追求する女性にとってはほくろも場所によっては絶対に許せないものでしょう。

 
それならばプチ整形というのも一度は試して見る価値はあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です