結婚前提は重すぎる!?30代男性に対し取るべき秘策とは?

30代の男性が同年齢や年上の女性と交際する場合、どうしてもその先にある『結婚』を前提の交際になりかねないことが、女性との交際に二の足を踏んでいる傾向にあるとも言われています。

付き合いたい、だけど結婚するかどうかは分からない、でも今付き合うと必然的に結婚の話が出そう・・と思うと、どうしてもお付き合いが億劫になってしまうのだとか。

30代男性の本音に迫ってみたいと思います!!

1

 

 

交際相手が20代と30代以上であれば意識が変わる?

2

学生時代を思い出してみると分かりますが、ほとんどが純粋な恋愛で、結婚や相手の親、収入などを考慮して交際するケースはほとんどありません。

「好きだから一緒にいる」「好きだから付き合いたい!」と相手のバックボーンは一切気にせず交際することが出来ました。

交際相手がまだ20代であれば、結婚を前提にしなくても「好き」という純粋な気持ちだけで交際することが可能ですが、これが女性の適齢期と呼ばれる20代後半から30代40代にかけて付き合いだした場合、必ず近い将来訪れるのが「結婚問題」です。

まだ自分は結婚したいという思いも無く、まだ早いと思っているのに強引に押し切られることになってしまったら・・と思うと、なかなか30代40代女性に対し『交際したい』と思えなくなっているという現状があるようです。

 

 

 

収入格差や雇用問題などの不安も!

3

非正規雇用者が増えた現在、昔のように安定した仕事や収入が見込めなくなってきたことも、男性が結婚を敬遠する傾向に拍車をかけているという声もあるそうです。

確かに、非正規雇用でいつどうなるか分からないと不安な気持ちがある男性が、入籍して子供を持つということが現実的な話とは思えないのは当たり前です。

また女性が年上の場合、女性の方が収入が多い、社会的な地位も上であるケースが多く、引け目に感じている男性も多いのだとか。

こうなると、もうお手上げ状態ですよね。

 

 

 

多種多様な交際関係を模索する時期に来ている?

4

かたや女性はどうしても「ステディ」な関係に重きを置きます。

「私の彼」「私の婚約者」というものが、どうしても欲しいという傾向が多く見られるそうです。

周囲の友達がどんどん結婚していき、出産をして幸せな暮らしをしているのを見ると、私も結婚したいと思うのも当然ですね。

しかし妙齢である30代の男性にそれを押し付けるのはご法度です。

付き合いたい!親にも紹介して欲しい!◎◎歳までに結婚を!!と迫れば迫るほど、心は離れていきかねません。

もはや、現在は付き合う、付き合わない、結婚する、しないではなく、もっと多様な交際方法を模索する時期にきているようです。

 

 

 

一枚上手な行動をする必要がある?

5

将来に不安を感じている男性に結婚前提の交際を迫るのは、NGといえます。

男性があなたを「手放せない」と自ら思う時を待つということも必要でしょう。

また、ステディな関係がなければ、あなたは同時に別の男性を探すことも可能です。

変な話ですが、今の彼をキープしつつ新たな出会いを探しても何も咎められることはありません。

あなたの将来的な生活設計にも因りますが、30代40代だからこそ、一人の男性に縛られる必要もないはずです。

結婚前提の交際が重いという男性の逆手をとれば、同時進行の男性が他にいても構わないはずです。

付き合っていないのであれば誰と恋愛しても自由なはず。

賢く行動することがアラフォー女子には必要といえるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です