目の下真っ黒!?生活に疲れた人みたいな黒クマ茶グマを真剣に消す方法とは!

肌のクスミも気になるけれど、一番イヤなのが目の下にドーンと居座るクマ。

苦労してます、生活に疲れてます・・。

アラフォー女性のクマはそんな雰囲気を醸し出してしまうのだそう(笑)

急に出現してなかなか消えない、黒クマ茶グマを撃退する方法を学んでおきましょう!

2

 

 

目の下のクマが発生する理由とは?

4

目の下が真っ黒になってしまうクマは、何となく疲労や寝不足が原因と思ってしまいがちですが、そうとは限らないということをご存知でしょうか。

目の下の皮膚はとても薄く、毛細血管が集中している場所であるため、血行不良などが原因で黒ずんでしまったり、目の下を擦ることにより色素沈着によってクマが出来てしまうことも多いようです。

また、体調の悪化を示す場合もあり、貧血や肝臓疾患、パセドウ病などの症状として現れるケースもあるのだとか。

急にクマが発生し、体調不良などもあれば、疾患の可能性もありますので早めの受診がオススメです。

 

 

 

茶グマと黒クマは原因が違うらしい?

1

黒っぽいクマとはいっても、茶色っぽいクマと黒いクマでは発生した原因が異なる場合が多いようです。

例えば茶グマは、乾燥や紫外線からのダメージ、目を擦りすぎたことで発生する色素沈着が主な原因です。

また、マスカラなどを綺麗にしっかり落とさないでいると、マスカラの色素が皮膚に移って茶グマになってしまうケースもあるようです。

一方、黒クマは加齢などによって眼球を支えきれなくなったことで、目の下の筋肉が緩んで黒くなってしまう場合と、眼球周辺の脂肪が少なくなってしまったり委縮などが原因でたるんだ時の影になっていることが多いといいます。

勿論、両方が合体している時もありますので、原因の追究は難しいといえるかもしれません。

 

 

 

根本的に消すためにはどうするの?

3

色素沈着による茶グマの場合はビタミンC誘導体などが配合されている美白化粧品などで、若干の改善が見込めるようです。

黒クマの人はコラーゲン配合の化粧品などで皮膚のハリを持たせたり、むくみを予防するために塩分控えめの食事などを心がけるようにしましょう。

ただ、継続的にずっと現れていたクマを完全に消滅させるのは難しく、茶グマの場合は美由皮膚科でレーザー治療、黒クマの場合は美容整形外科でヒアルロン酸を直接注入すると改善するようです。

 

 

 

とりあえずメイクで隠す場合の注意点は?

5

そうはいっても、ほとんどの方はメイクで何とか隠すというのが一般的です。

まずはそれぞれのクマに合わせたメイク法で対応しましょう。

コンシーラが有効なのは茶グマの人限定です。

皮膚の摩擦はさけたいので、リキッドやクリームタイプのコンシーラを選び、ペンシルタイプは避けるのがベターでしょう。

また、黒クマの人が黒い部分を隠そうとコンシーラを使うと厚ぼったくなるばかりで隠れない場合がほとんどです。

ハイライトなどを使って明るく見せるようにした方が、効果的といえるでしょう。

綺麗に消したい茶グマ黒クマですが、出来るだけ摩擦を避けてこれ以上色素沈着を起こさないように心がけることが大切です。

また、疾病が原因である場合もありますので、気になる症状があれば早めに病院で診察を受けると安心ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です