恥ずかしがり屋さんのために!『Oライン』を自己処理って出来るの?

デリケートゾーンを脱毛したいけれど、サロンに行くのは絶対にいや!

そんな女性も多いでしょう!

ワキや手足ならまだしも、デリケートゾーンなんて絶対無理・・でもOラインに毛が生えているのは恥ずかしい。

そう思うのも当然です。

自分では見えにくいOラインですが、男性からは意外と見えやすいもの。

自己処理でOラインを綺麗にする方法ってあるのでしょうか?

1

 

 

Oラインの自己処理のデメリットは?

2

ワキや腕の脱毛は簡単ですが、見えにくく処理しにくい場所に位置するOラインの自己処理は、やはり難しいものがあります。

サイトによっては、気心知れた女友達や姉妹で処理し合ってもいい・・と書いてある場合もありますが、サロンにも行けないくらい恥ずかしいのに友達同士なんて無理がありますよね(笑)

鏡を最低限2枚以上用意して、自分で見ながら脱毛するのですが、やり方によっては粘膜を傷つけてしまったり、色素沈着などを起こす場合もあります。

また、脱毛サロンやクリニックでの施術ではないため、頻繁に処理せねばなりませんし、伸びかけはチクチクして痒くなるデメリットもあるようです。

 

 

 

Oラインの自己処理は基本的に自己責任が伴う!

3

家庭用脱毛器や除毛ワックス、除毛クリームなどには必ず『デリケートゾーンのご使用はお控えください』と書いてあるのが普通です。

粘膜近くのIやOラインの脱毛は、やはりそれなりにリスクが伴う上に、効果があまり無かったり、色素沈着する場合が多いことから、このように記載されているのだと思います。

ですから、家でOラインを処理する時には、やはり自己責任が伴うことをしっかり頭に入れて行うことが重要です。

言われた通りやったのに、上手くいかなかった、傷ついてしまった、皮膚が黒ずんでしまった・・ということにならないように、自分の責任の下に行うべきものであることを必ず確認してくださいね。

 

 

 

家で行うOライン脱毛はヒートカッターがオススメ!

4

家庭で除毛、脱毛する際に一般的には家庭用脱毛器や除毛クリーム、ワックス、カミソリなどを使用することが多いですが、実はこのどれもがOラインの自己処理には、あまり向いてはいません。

脱毛器はかなりの痛みが伴いますし、除毛クリームやワックスなどを粘膜近くで使用するのは、やはり不安ですね。

特にワックスは剥がす際にはどうしても痛みを伴いますし、継続して使用すると刺激によって皮膚が黒ずむことが多いようです。

カミソリは、Oライン付近のムダ毛を剃るには最も不向きです。

Oライン付近は皮膚がヒダ状になっているので、傷つける可能性が非常に高いと言えます。

皮膚がまっすぐな位置での使用は有効ですが、Oラインには絶対使用しないでください。

こうなると、最も皮膚を傷めないのはヒートカッターではないか?という意見が多いそうです。

もちろん皮膚に直接つけてしまえば火傷の危険性もありますが、鏡を使ってシッカリ確認して毛先を焼き切ることで、ある程度は綺麗になります。

毛先も丸くなるので、伸びかけのチクチク感も減少するという声も多いのだとか。

ただ、粘膜に近くは危険ですので、Oライン周辺のムダ毛を減らすことを心がける程度にし、最も敏感な部分には使用を控えるのが適切です。

5

 

自己処理が最も難しい部位のひとつであるOライン。

自分で何かの作業を行う場合は自己責任が伴ってきます。

どんな方法であれ、怪我をしないように十分注意して、処理後は肌の保湿を心がけることが大切といえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です