彼に見せられない!ぷよぷよの皮下脂肪、どうやって失くす!?

下着の上に乗ってしまうぷよぷよのお腹。

昔はペッタンコだったはずなのに、今では重たい皮下脂肪がタップリとついちゃった!

アラサー、アラフォーになると、そんな女性も多いのではないでしょうか?

憎き皮下脂肪を失くす、または減らすためには、どんなことが効果的なのか、考えてみたいと思います。

1

 

 

最もとりにくい贅肉が皮下脂肪ってホント?

2

皮下脂肪というものは急に生成されるものではなく、長年の積み重ねによって出来る贅肉です。

そのため、簡単になくすというのは難しいとされ、人間の体で最も落ちにくい贅肉とも言われているそうです。

お腹やお尻に付きやすい皮下脂肪は、一度ついてしまえばドッシリとした『洋ナシ型』の体型になります。

贅肉とはいいますが、体の予備脂肪という意味合いも皮下脂肪は持つので、幾ら運動しても取りにくく、途中で諦めてしまう人が多いのも特徴のひとつです。

 

 

 

男性より女性に皮下脂肪がつきやすいのは何故?

3

皮下脂肪は男性よりも女性に付きやすいという特性があるそうです。

その理由は簡単!

皮下脂肪には『子宮を守る』という大切な役割があるからだといいます。

女性が妊娠した時は子宮も大きく厚くなりますが、その子宮を守るためには外側に位置する下腹部も脂肪で覆ってガードしなければなりません。

ただ、妊娠もしていないのであれば皮下脂肪は不必要。

出来るだけ過剰なカロリー摂取は避けて、なるべく皮下脂肪がつかないように心がけていきましょう。

 

 

 

皮下脂肪は食事制限しても落ちないの?

4

体の備蓄エネルギーという役割も果たしている皮下脂肪は、食事制限などではほとんど落ちないとされています。

そうなると、やはり体を動かして皮下脂肪を落とさなければなりません。

ハードな運動もいいけれど、長年の年月をかけて作られた皮下脂肪は、それなりの時間をかけなければ、簡単には落ちてはくれません。

毎日、継続して出来る運動と言えば、やはり『有酸素運動』が効果的なのではないでしょうか?

 

 

 

毎日の有酸素運動が皮下脂肪をなくす近道!

5

脂肪を燃焼させるのであれば、やはり有酸素運動が一番手軽で効果的です。

毎日無理をしない範囲で継続することが可能ですし、疲労も溜まりません。

ウォーキングや水泳、自転車などが良いですが、注意すべきは継続時間です。

最低でも20分以上継続しなければ脂肪の燃焼は開始されないので、ある程度の時間をかける必要があります。

帰宅時に2~3駅手前で降りて家まで歩いたり、可能であれば自転車通勤をするというのも良いかもしれません。

スイミングは、泳げない、水が怖いという方も、プールの中で水圧による負荷がかかる中で歩くだけでも立派な有酸素運動になります。

まずは出来る範囲で、有酸素運動を心がけ、毎日継続して行うということが重要といえそうです。

余裕があれば、有酸素運動と並行して軽い筋トレや、下腹部のマッサージなどをしても良いでしょう。

また、当然のことながら摂取カロリーには十分注意をして、これ以上皮下脂肪をつけない!!ということを意識するようにしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です