人の幸せや成功が羨ましい…その気持ちを生かしてレベルを上げよう

友達から聞く幸せな話や成功の話を聞くたびに羨ましくなり、嫉妬してしまうというあなた。嫉妬をするのがみっともないと嫌な気持ちになってしまうかもしれませんね。その気持ちを上手に使うことであなたがよりよくなることができるかもしれません。

 

1

*その気持ちを悪と捉えない

嫉妬してしまうことはよくないことだとマイナスに考えてしまっていませんか?確かに妬みと言う言葉にはいいイメージがありませんね。でも、それを羨ましいと思うということは発想を変えるとあなたもそれに近づきたい・同じことをしたいと思っているからなんです。例えば、あなたがアフリカに全く興味がない場合、友達が「アフリカ旅行に行ってきたんだ」と旅行の内容を延々喋ってくれたところで旅行には行きたいという気持ちが芽生えるかもしれませんが、羨ましいとは思いませんよね。

人は興味がないことに対して嫉妬はしません。友達が結婚が決まって羨ましいと思うなら、それはあなたが結婚したいと思っているから。友達の昇進の話を聞いて妬みにも似た気持ちを持つのだとしたら、あなたも仕事で成功したいと思っているという証拠なのです。

 

2

*その嫉妬をバネに自分を見つめよう 

今あなたが自分の生活にそれが足りていないと感じるから、嫉妬の気持ちが生まれています。もしあなたがそれをすでに手にしているとしたら羨ましいという気持ちにはならず、素直に祝福することができるのではないでしょうか?ということは、嫉妬してしまったとするとあなたが次に目指すゴールが見えてきますよね。自分がどんなことに対して羨ましいと感じるのか、一度書き出してみると自分が望んでいることが明確に見えてきます。

 

5

*自分をその状態に持っていくためには何ができるのか考えてみる 

自分の望んでいることが明確に見えてきたら今の自分がそれに対して行動ができているか考えてみてください。もし何もできていないのだとしたら、まず第一ステップは何か考えてみましょう。昇進したいのだとすれば、仕事の効率を上げ、実績を上げる方法を考えるなどです。何かの資格が必要ならそれに向けて勉強を始めてもいいかもしれませんね。

4

それに向けてすでに行動を始めている人で結果が出ていない人は、今の方法以外の方法を考えてみるのもいいかもしれません。もしかすると今していることはその望みを叶えるには方向性が違うということに気づくきっかけになる可能性もあります。

 

3

嫉妬の気持ちを自分の願望への指針にしましょう。そして身近にそのような人がいるということは、あなたにとっては刺激になったり、望んでいることを叶えるための情報を与えてくれる可能性もあるポジティブなことなのです。嫉妬を自分への道しるべだと感じ、まず他人の幸せも心から喜ぶことができると、あなたにも確実にいい風が吹き始めます。嫉妬を感じてしまったときこそ、よりよい自分になれるチャンスと思ってみると、妬みの気持ちは自然と薄らいでいくはずです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です