リコピンパワー炸裂!!トマトジュースで健康的にダイエット♪

手軽に健康的にダイエットできるということで、注目を集めたトマトジュースダイエットですが、メタボ予防や血中コレステロールの低下に期待できるということでアラフォー女性に人気が高いようです。

見るだけで元気になる真っ赤なトマトジュースで、ヘルシーに痩せてみませんか?

今回はなぜトマトジュースが痩せるのか、また、どのように実践すると効果的なのかを学んでいきましょう!

3

 

 

トマトの基本的な栄養について

1

ビタミンCが豊富なことで知られるトマトですが、やはり特徴的なのは赤い色の象徴でもあるカロテンの一種リコピンが含まれていることでしょう。

リコピンの構造を説明すると、炭素と水素で構成された8個のイソブレン単位が集合しているテトラテルペンなので、水溶性はないとされているようです。

京都大学大学院の河田教授らのグループが、トマトに含まれる13-oxo―ODAには血中脂肪の増加を抑える効果があることを発見し、アメリカの科学誌上で発表されましたが、まだ研究段階ではあるものの日本で大々的に報じられたため、スーパーなどではトマトの品切れがあちこちで発生するほどのフィーバーぶりだったようです。

5

 

 

リコピンがもたらすダイエット効果やその他の効能とは?

2

やはり、トマトといえば、最も有名な栄養素はリコピンですね!

カロテンの一種のリコピンは抗酸化作用力が強いことで知られ、体内をサビさせる活性酸素を除去することが出来るとも言われています。

また、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、代謝力を大幅にアップさせる効果があるため、ダイエットには非常に有効と考えられているようです。

年齢を重ねると、どうしても基礎代謝が落ちてしまいます。

若いころは少しダイエットしただけで簡単に痩せられたのは、代謝力があったからです。

落ちてしまった代謝を上げるには、トマトに含まれるリコピンの力がやはり必要といえますね。

 

 

 

トマトジュースダイエットの方法とは?

4

そのフレッシュなイメージから、なんとなく朝に飲むのが効果的?なんて思いがちなトマトジュースダイエットですが、実は夜、寝る前に飲むのが最も効果的といわれています。

新陳代謝やホルモン分泌が最も活性化するのは、夜22時から朝の2時の4時間(ゴールデンタイム)といわれています。

この時間帯にリコピンが体内で作用することで、より高いダイエット効果が期待できるのだそう。

就寝する1~2時間前に飲んで、出来ればゴールデンタイムにはしっかり眠っているのが理想的です。

就寝前にトマトジュースからリコピンを摂取して、ぐっすり眠って代謝力を上げるのがトマトジュースダイエットの正しい方法といえますね!

トマトジュースは1缶で、十分な量のリコピン摂取が可能です。

塩分が気になる人、または浮腫みなどがある人は『塩分無添加』のトマトジュースを選ぶと良いでしょう。

トマトジュースがどうしても苦手な人は、夕食時にトマトジュースを使ったスープなどを飲んでも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です