オトコが告白せずにはいられなくなる3つのテクニックとは!?

こっちから告白するのも良いけれど、絶対に相手から言わせてみたい!!

そう思う時もありますよね。

『この女性を逃してなるものか』と男性に思わせ、告白させるテクニック、ぜひあなたも実践してみてはいかがでしょうか?

1

 

 

一緒にいて楽しいと思わせるのはあなた!!

5

肉食系の男性ばかりならいいけれど、そうではない男性も大勢います。

内弁慶で感情を表に出せない人、プライドが高くてフラれることを恐れる人もいます。

「そんなこと気にしなくていいよ」という居心地の良さや一緒にいて楽しいと思わせるのは女性の手腕に掛かっています。

はっきり言葉に出さなくても、「私も一緒だよ」「私もそう思う」「いいね!それ」「センスいい!」と、とにかく肯定し続けます。

もちろん笑顔は最大のスパイスですので、にっこり笑うことも重要。

とにかく彼を否定しない、そしてあなたといると安心できる、楽しい気分で過ごせるということを感じ取ってもらいましょう!

 

 

 

好きになってもらうと好きになる心理を利用すべし!!

2

学生時代のことを思い出してみましょう。

全然好きではなかったのに、『アイツ、○○のこと、好きらしいよ』なんていう噂が出たり、他の人よりもあからさまに自分に良くしてくれた相手に対して、知らず知らずのうちに好意を持ってしまった経験はないでしょうか?

好きではなかったはずなのに、なぜか目で追うようになってしまった、動向が気になるようになってきた・・ということは往々にしてあるものです。

こちらに好意があるのが分かれば、相手は必ずあなたにも好意を持つようになるのは当然の心理ですよね。

遊んだ帰り道、お店で別れる時などでも『今日もとても楽しかった!ありがとう』とじっと瞳を見つめてみてください。

間違いなく、あなたの好意は伝わります。

そんな高校生みたいなことなんか・・等と思わずに試してください。

男性は女性が思う以上に単純で、幼い生き物です。

3

 

 

適度なボディタッチと寂しげな表情で追い込もう!!

4

笑いあった瞬間に、柔らかく肩をぶつけてみたり、グラスやお皿を片付ける時などに、偶然に彼に触れてみます。

その瞬間、少し恥ずかしげな表情を浮かべます。

ゲラゲラ笑ってバンバン肩を叩くのとは違いますよ(笑)

あくまでも偶然を装って触れてしまったことを演出します。

楽しい時間が終わって帰り際、

「あ~もうこんな時間だわ。楽しい時は過ぎるのが早いね」

と、寂しげな表情を浮かべます。

まだ帰りたくないけれど、帰らなければならない・・ということを強調させるわけです。

飛びっきりの笑顔と寂しげな表情のギャップに男性は弱いといいます。

一緒にいるときは思い切り楽しく、帰り際はふと寂しげな表情・・

彼はきっと、あなたを手放したくないと思うはずです。

表情や行動に緩急をつけて揺さぶる・・

これが男性の深層心理に働きかける、最も良い方法といえるのではないでしょうか?

私と一緒にいると楽しい、プライドを傷つけない、どうやら好意を持ってくれているようだ、なんだか最近、この女性が気になる・・

そんな風に段階を追って彼の心に働きかけると、良い効果をもたらしやすいようなので、ぜひお試しあれ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です