強く思えば叶う!引き寄せの法則を実践

少し前ですが“ザ・シークレット”という本が爆発的に売れたり、道端ジェシカさんが実践していることで話題にもなった「引き寄せの法則」を知っていますか?皆さんにも叶えたい願いはたくさんあると思います。強く願うだけで叶ってしまうなんてまさに夢のような話です。願っている夢だけでなく、より素敵な女性になれるというこの「引き寄せの法則」を実践して、あなたももっとキラキラした毎日を送りませんか?

 

1 

*引き寄せの法則って何?

簡単に言えば“考えたことは実現化してしまう”という考え方で、それは私たち自身が望んだものだけでなく、「こういうことが起きたらいやだなぁ」といつも考えていたらそれが現実となってしまうというものです。

あなたにも「これが欲しいと思っていたら手に入った!」という経験や「ある人のことをふと考えていたら連絡がきた」などの経験はありませんか?これも引き寄せの法則のひとつです。

スポーツ選手にはイメージトレーニングを大切にしている人が多いですが、有名なのはサッカーの本田選手が小学校の時に書いた作文です。その作文の中では「こうなる」という願望がかなり具体的に書かれています。ネットで見ることができますので、ぜひ検索してみてください。

 

2

*幸せになりたいのに反対のことばっかり起きてしまう

「私は幸せになりたいと思っているのにうまくいかないから、そんな法則なんてありえない」と思うかもしれませんね。でも、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

例えば「幸せな結婚がしたい」と考える一方で、「そんな素敵な相手との出会いなんて全然ない」などと不安に思っていることはありませんか?人間は一日に6万回色々なことを思考を繰り返していると言われています。そして一つのことについてネガティブに考えれば考えるほどその思考は深く潜在意識に根付いてしまうのです。

 

3

*引き寄せの法則ってどうやるの?

まずはポジティブに願うことが大切です。いくら強く願っていたとしても、「一生一人で生きていきたくない」と否定的に思ってしまっているとしたら、この言葉の裏側には“一人でいたくない”という不安が詰まっていますから“一人でいること”を引き寄せてしまうのです。

引き寄せの法則に使うのはポジティブな言葉。例えば、「家庭を大事にしてくれる旦那さんと一生幸せに暮らす」などです。この時に「~になりたい」という言葉を使うより「~になる」と断定することも大切です。

また、「結婚する」という漠然とした願いではなく具体的にこういう人と結婚してこう幸せになると思い描くようにしましょう。

 

4

*引き寄せノートを書いてみよう

頭の中だけで考えているよりも、実際文字にして視覚で認識することで潜在意識に働きやすいと言われています。

ノートに書く時も実際にそうなると断定して書くことが大切です。「○○○○年にヨーロッパ旅行に行く」や「○○歳でプロポーズされて○○のブランドの婚約指輪をもらう」など、時期や年齢なども具体的に書いて未来日記のように書くとより効果的だと言われています。

 

5

いかがだったでしょうか?

最初は半信半疑でも、ひとつ引き寄せると「本当にこうなるんだ」という実感がいい思考を生みます。

今まで不安を感じやすかった人、ネガティブにどうしても考えてしまう人には癖づけるま

でが大変かもしれませんが、一度ポジティブに考える思考の癖を作ると物事は驚くほど好転していきます。

どっぷりハマる必要はありません。上手に取り入れて、よりHappyな毎日を送るためのツールとして活用してみてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です