一人でいることがさみしい…自分を愛して一人の時間も楽しもう

肌寒い季節になってきました。人恋しい季節ですよね。でも、だからと言って誰かがさみしさを埋めるのを待っているだけでは本当に幸せとは言えません。彼氏がいてもいなくても、本当の幸せは自分一人の時間を楽しめて初めて手に入れられるもの。自分への愛が足りないと思うあなたは必見です。

 

2

*誰かと何かしていないとさみしい

お休みの日は何をしているでしょうか?いつも手帳は予定がいっぱいで埋まっている状態ですか?もちろん友達や彼と過ごす休日もとても楽しいですが、ドタキャンされたり急に休みがポコッとできた時に、一人で楽しめていないのならそれは問題です。

 

5

*目指すは「一人でも楽しい、あなたがいるともっと楽しい」という状態

一人の時間を過ごすことが苦手という人は、いつもどこかで物足りなさを感じています。そしてその物足りなさを誰かに埋めてほしいと思っていませんか?こういう人は世間一般で言われる“重たい女”認定をされてしまうことも多いです。恋愛はお互いがよくなり、楽しむものなのに寂しさを埋める道具にしていませんか?友達が自分以外のグループで楽しんでいると取り残された感を感じてしまう場合も要注意ですよ。

 

3

*自分のこと好き??

あなたは胸を張って「自分のことが好き」と言えるでしょうか?一人の時に寂しさを必要以上に感じていない人というのは、自分に対しての愛情がかけている人が多いと言われています。そして誰かに愛してほしいから、周囲に対して必要以上に愛を注いでしますのです。でも、人間というのは一生自分自身と付き合っていきますよね。一番の理解者であるはずの自分を愛せていないのは少し悲しいことでもあります。

 

1

*自分と会話してみよう

次のお休みには、一度自分と会話をしてみましょう。普段自分が何を寂しいと感じるのか、何が物足りないと感じるのか、それらの原因はなんなのか突き詰めてみるんです。自分のネガティブな感情を感じるのは少し苦痛かもしれませんが、どうしてそういう気持ちになるのかも今はわかっていない人が多いはず。自分の寂しさの原因がわかれば、それを癒すために何ができるか考えてみましょう。

また見落としがちですが、自分の好きなこと、心地よい状態を作るために必要なこともリストアップしてみてください。自分を愛するとは自分を他の誰かのように大切にすること。時には少し贅沢をしてご褒美をあげるのもいいし、食べたいものを食べたり、映画を見て笑ったり、あなたが笑顔になれることを今一度確認しましょう。自分で自分を満たすことを覚えると、幸せをたくさん感じられる自分に気づくことができるはずです。

4

誰でも寂しいと感じてしまう瞬間はあります。でも、いつも何をしていても寂しさがぬぐえないのなら、まずは自分を大切にしてあげましょう。あなたが自分を愛してあげればあげるほど、周囲の人間関係も取り巻く環境もより良いものになっていきますよ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です