プロも実践!誰にも負けない美肌ベースメイクの作り方!

ちゃんと化粧をしたつもりだったのに、気づけばメイクが崩れている…一日中忙しい私たちにとってメイク崩れはなんとしても避けたいものですよね。近づいても毛穴も気にならないトラブル知らずの肌に見せるには何といってもベースメイクが肝心です。プロのテクニックを使ってきれいに見える肌を作り、周りを驚かせちゃいましょう!

 

1

*化粧下地ちゃんと使ってる??

最近はBBクリームやCCクリームも流行っていて、化粧下地を使わない人も増えていると聞きます。でも、化粧下地って本当に大切なんです。

化粧下地には肌を滑らかに見せる効果があります。ポイントは均等に塗ること!ブラシに乗せて顔全体にうっすらとまんべんなく塗ると効果は絶大です。

BBクリームは化粧下地とファンデーションが合わさったもので、CCクリームは肌のトーンをコントロールしてくれるものです。確かにオールインワンなのですが、これ1本に頼りすぎるときれいなベースメイクは作れません。

 

2

*コンシーラーは目的別で使い分ける

特に気になるポイントを隠すために使うのがコンシーラーです。人により肌トラブルは様々だと思いますので、用途に合ったコンシーラーを選びましょう。

スティックタイプやリキッドタイプがありますが、基本的には気になるところにポンポンと乗せて、指で叩くようになじませましょう。

自分の肌より暗いものを選ぶとそこだけくすんで見えてしまうので、自分の肌の色にぴったり合ったものを見つけてくださいね。

 

3

*塗り方で見え方が断然変わるファンデーション

ベースメイクで肝心なのがファンデーションです。ファンデーションをうまく塗らないと厚塗りした感が出てしまって「お化粧しています!!」と主張した肌になってしまいます。

リキッド派のあなたはリキッドファンデーションを1プッシュ手の甲に乗せて、ブラシでおでこ・両頬・顎・鼻・目じりに乗せていきます。後はまんべんなく広げていきましょう。最初から2プッシュ乗せてしまうと厚塗りに見えやすくなってしまいますから、1プッシュで足りないなと感じたら足すことが、ナチュラルに見せるポイントです。リキッドはムラができてしまうから苦手という人もブラシを使うとその優秀さに驚くと思いますよ!

パウダー派のあなたは、パウダーファンデーションをブラシに乗せて軽く広げていきましょう。スポンジでガッツリ塗ると厚塗りに見えてしまうパウダーも、ブラシでふわっと乗せていくとナチュラルに肌をカバーしてくれます。

 

4

*ひと手間で持ちが断然変わる仕上げのフェイスパウダー

仕上げのフェイスパウダーにはルースパウダーとプレストパウダーがあります。

ルースパウダーは粉状のもので柔らかい肌に見せてくれ、プレストパウダーは見た目はパウダーファンデーションのようなものでしっかりとシャープな肌を作ってくれます。

これも付属のスポンジやパフを使うよりブラシを使うことがポイントです。ブラシの端を軽く持って力を入れずに肌に乗せましょう。

 

 

どれだけ綺麗にアイメイクをしても、肝心の肌が綺麗に見えていないのでは台無しです。ついつい素手でパパッと塗ってしまったり、付属のスポンジで済ませてしまいがちですが、ブラシを使うことで見た目が全然変わりますし、時間も短縮してくれます。高級なものを使う必要はありませんから、この機会に肌触りのお気に入りのブラシを揃えてみてはいかがでしょうか。

5

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です